【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー

    乳がん(トリプルネガティブ)ステージ3 サバイバー 大月絢美さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー
    2. 第1話「テレビドラマに出演する小学生」
    3. 第2話「青山学院中等部へ」
    4. 第3話「歌手デビューを目指す」
    5. 第4話「アルバイトをしながら」
    6. 第5話「苦節8年歌手デビュー」
    7. 第6話「母親の乳がん」
    8. 第7話「30歳を目前に控えて」
    9. 第8話「右胸のしこり」
    10. 第9話「乳腺外科へ」
    11. 第10話「乳がん・トリプルネガティブ」
    12. 第11話「全身化学療法」
    13. 第12話「母の他界」
    14. 第13話「右乳房切除術」
    15. 第14話「新生Ayamiとして」

    第5話「苦節8年歌手デビュー」

    青山学院大学に在学中、ヴォイス・トレーナーズ・アカデミーに通いレッスンを受けていた東京都目黒区在住の大月絢美さん(35歳、2007年当時25歳)は、卒業後も歌手デビューを目指し、アルバイトをしながら音楽を学んでいた。

    絢美さんは、1日も早く歌手デビューして、両親に報告したかった。
    2007年、25歳の夏、定例の音楽プロデューサーを招いての生徒発表会があった。
    その発表会から3ヵ月ほどすると、一人の男子生徒と絢美さんの2人が選考に残っていると知らされる。
    「もしかして…、今回はイケるかも…」

    その後2人一緒にCDデビューさせる案や、どちらか一人の案など、紆余曲折があった。
    そして、年が明けて2008年2月、アカデミーの学長から呼ばれこう言われる。

    「まず、絢美からいくことになった」
    待ちに待った合格の知らせ。
    目の前がパーッと開けていくような感じがして、ものすごく嬉しかった。
    コロムビア系列の音楽出版会社から5月にCDがリリースされる予定だという。
    嬉しさの余り、自分の気持ちをコントロールできなくなりそうだった。

    しかし、次の瞬間、ハッとして我に返る。
    “これはゴールじゃなくて、スタートだった。それに、こういう話は、最後の最後まで形になってみないと解らない。何より、あと2ヵ月しかない”

    それからは忙しい毎日がやってきた。
    レコーディングに向け、表現方法、そのためのレッスン、編曲、アレンジに、CDジャケットのデザインの相談と写真撮影、撮影のためにダイエットだってしなくちゃならない。
    目が回るような毎日だった。

    アカデミーの学長からこう言われた。
    「(お世話になってきた)ママのためにデビューするんだよ」

    これまで自分一人でやってきたのではなく、周囲の人たちのサポートがあったからこそ続けられた。特に母親からの応援と支えがあったことを忘れてはならない、そう言う意味が込められた言葉だった。

    そして、2009年5月20日。
    アーティスト、AyamiのシングルCD『愛はまぼろし/ひこうき雲』が発売された。

    次のページを読む >> 第6話「母親の乳がん」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-