【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がん(トリプルネガティブ)ステージ3 サバイバー 大月絢美さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー
  2. 第1話「テレビドラマに出演する小学生」
  3. 第2話「青山学院中等部へ」
  4. 第3話「歌手デビューを目指す」
  5. 第4話「アルバイトをしながら」
  6. 第5話「苦節8年歌手デビュー」
  7. 第6話「母親の乳がん」
  8. 第7話「30歳を目前に控えて」
  9. 第8話「右胸のしこり」
  10. 第9話「乳腺外科へ」
  11. 第10話「乳がん・トリプルネガティブ」
  12. 第11話「全身化学療法」
  13. 第12話「母の他界」
  14. 第13話「右乳房切除術」
  15. 第14話「新生Ayamiとして」

第2話「青山学院中等部へ」

5歳の時に劇団日本児童に入った絢美ちゃん(東京都目黒区在住の大月絢美さん(35歳、1993年当時11歳)は、その後、テレビドラマに出演する小学生になっていた。

小学校3年生を過ぎたあたりからだ。
ドラマの子役として、次々と声がかかる。
オーディションに行き受かると、次は、番組制作会社との打ち合わせ、衣装合わせ、そしてリハーサル、撮影。
ドラマの撮影が終わると、次のオーディションに行き、合格。
仕事が無いという期間がなくなってくる。
そして、すべての仕事に母親が付き添い娘を支えていた。
母娘二人三脚の毎日。

ドラマ撮影ロケは北海道から沖縄まで、全国を巡った。
親子で日本中を旅する生活が小学校6年生まで続く。

ただ一方…、劇団の中でテレビドラマに出演できる子供は、ほんの一握り。
だから、他の子どもの親たちから様々なやっかみを受けていた。
そんな陰の部分もある世界。
絢美ちゃんの母親は、周囲からの雑音が娘に入らぬよう、細心の気遣いと行動で娘を守っていた。

1993年、浅野ゆう子さん主演『天国に一番近いママ(日本テレビ)』で準主役の子役に抜擢される。
この頃になるとオーディションを通さず監督から指名で仕事が来ることもあった。
街を歩いていると行きかう人から「あー、○○に出ていた子だ」と言われてこともある。
その後も、『天国に一番近いママ2』、『STATION~駅』と大型ドラマでの起用が続いた。

小学校6年生の時、自宅の引越しに伴い中学校受験をし、無事、青山学院中等部に合格。
共演した吉田栄作さんから「合格おめでとう」とプレゼントをもらう小学生だった。
青山学院中等部は、それまでの公立の小学校とは違い、他にも芸能活動をしている生徒がいたので、いい意味で目立つことがなくなり良い環境だった。

部活はハンドボール部に所属し仲間が増えていく。
そして、何より、学校生活そのものが楽しい。
充実した中学生生活が始まった。
ただ、中学に進級してからはオーディションの数も減り、たまに出かけても、なかなか受からない、そんな状況になった。

次のページを読む >> 第3話「歌手デビューを目指す」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。