【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がん(トリプルネガティブ)ステージ3 サバイバー 大月絢美さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー
  2. 第1話「テレビドラマに出演する小学生」
  3. 第2話「青山学院中等部へ」
  4. 第3話「歌手デビューを目指す」
  5. 第4話「アルバイトをしながら」
  6. 第5話「苦節8年歌手デビュー」
  7. 第6話「母親の乳がん」
  8. 第7話「30歳を目前に控えて」
  9. 第8話「右胸のしこり」
  10. 第9話「乳腺外科へ」
  11. 第10話「乳がん・トリプルネガティブ」
  12. 第11話「全身化学療法」
  13. 第12話「母の他界」
  14. 第13話「右乳房切除術」
  15. 第14話「新生Ayamiとして」

第13話「右乳房切除術」

2015年11月、乳がん(トリプルネガティブ、ステージ3C)と診断された東京都目黒区在住の大月絢美さん(35歳、2016年当時34歳)は、2016年1月より抗がん剤治療(ドセタキセル、FEC)を受けていた。乳がん(ステージ4)の母親は、5月に他界した。

4月から始まった抗がん剤(FEC)治療は、6月28日に最終4クール目の投与が行われ、終了。
結局、右胸の腫瘍は小さくならなかった。
ただ、大きくもならないし、転移も認められない。
医師は外科手術に移ることを決め、オペは8月12日に予定された。

絢美さんと圭介さんは、手術までの1ヵ月弱を利用してハネムーンに出かけた。
旅行先はカナダとアメリカ。
目の前に広がる雄大なグランドキャニオンを見ていたら、自分の悩みがちっぽけに思えた。

帰国し、入院する前の日の夜、大泣きした。
右胸を失ったら、もう2度と元の身体には戻れない…、そんな思いが込み上げてきた。
8月12日、手術は予定通り行われた。
「右乳房切除術+センチネルリンパ節生検」
3時間かかり、無事、終了。
麻酔が切れ意識が戻った時、医師から「悪い所は、ぜんぶ取れたから」と言われ安心した。
病室に戻ったら、急にお腹がすき出し、病院食をぺろりと食べた。
それを見た夫は、ホッと安心して自宅に戻る。

実は、嬉しい知らせがあった。
胸に腫瘍があった時、ずっと胸に痛みがあり、つらく悩ましかった。
しかし、乳房の切除をしたらその痛みがなくなった。
「これほど、楽なのか…」

オペから3日後、ガーゼ交換の時、思い切って自分の胸をみた。
子供の時みたいに胸のふくらみはなかった。
衝撃的だが、よく考えてみればニワトリの卵くらいの腫瘍があった時、既に胸の形がいびつで変だった。
それに右胸が無いことで別に日常生活に困るわけでもない。
片方ないが、前向きな気持ちが湧いてくる。

「これは、新生Ayamiの誕生なんだ」
そう思うと新たな一歩を踏み出せる気がした。
夫が言った「胸があってもなくても、あなたには変わりないんだから。(胸が)なくても、あなたには良い所がいっぱいあるじゃないか」
勇気を出して外科治療を受けた妻への最高の賛美だった。
絢美さんは8月19日に退院した。

次のページを読む >> 第14話「新生Ayamiとして」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。