【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー

    乳がん(トリプルネガティブ)ステージ3 サバイバー 大月絢美さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー
    2. 第1話「テレビドラマに出演する小学生」
    3. 第2話「青山学院中等部へ」
    4. 第3話「歌手デビューを目指す」
    5. 第4話「アルバイトをしながら」
    6. 第5話「苦節8年歌手デビュー」
    7. 第6話「母親の乳がん」
    8. 第7話「30歳を目前に控えて」
    9. 第8話「右胸のしこり」
    10. 第9話「乳腺外科へ」
    11. 第10話「乳がん・トリプルネガティブ」
    12. 第11話「全身化学療法」
    13. 第12話「母の他界」
    14. 第13話「右乳房切除術」
    15. 第14話「新生Ayamiとして」

    第11話「全身化学療法」

    2015年、右胸のしこりが急に大きくなってきたため、昭和大学病院で詳しい検査を受けていた東京都目黒区在住の大月絢美さん(35歳、2015年当時33歳)は、乳がん(トリプルネガティブ、ステージ3C)と告げられた。一方、乳がん(ステージ4)の母親は、同じ病院で抗がん剤治療を受けていた。

    「田辺さん、転移はありませんでした。ただ、がんが胸骨の裏にもあるので手術のあと放射線治療が必要になります」
    恐れていた他臓器への転移は無かったものの手ごわい状況だった。
    絢美さんは、つらかった。
    大好きなお母さんが乳がんで、自分も同じがん。
    どうしたらいいのか解らなかった。
    やり場のない気持ちを支えてくれる圭介さんに聞いてみた。
    「(私たち)婚約しているけど、私もこういう身体になっているし…、本当に私なんかと結婚していいの?」

    こういう状況になってしまい申し訳ない、そんな思いから出た言葉。
    圭介さんは泣きじゃくる絢美さんに強く言う。
    「あなたは生きるんだから、そういう心配はしなくていいんだよ」
    不安と孤独で押しつぶされそうになっている絢美さんを励ましてくれた。

    年が明け、2016年1月13日、絢美さんは穴をあけるわけにいかない自分のライブを予定通りこなした。
    そして、1月26日、ついに始まった全身化学療法。
    抗がん剤(ドセタキセル)が腕の点滴ルートから身体に入っていった。
    3週間を1クールとするもので、合計4クールの予定。
    むくみ、味覚障害、そして、手足のこわばりが現れた。
    さらに、髪の毛がバサバサと抜け出す。
    何とも惨めな感じがして、涙があふれた。

    会社は2月から欠勤扱いにしてもらったが、3月末まで予定されていた5回分のライブは、ウィッグをかぶってこなした。
    「病人し過ぎるのは嫌だ。ライブと言う私の居場所で与えられたステージをやり遂げたい」
    自分と向き合う毎日が続いていた。

    4月18日、抗がん剤(ドセタキセル)治療は全4クールを終了。
    ただ、治療効果はそれほど出ず、胸のしこりの大きさは変わらない。
    4月19日、次の抗がん剤(FEC)の1回目の投与が行われた。
    真っ赤な色をした液体の薬で、投与した2時間後から強い吐き気が現れ、結局吐き気は1週間続いた。
    厳しい治療が続いていた。

    次のページを読む >> 第12話「母の他界」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-