【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がん(トリプルネガティブ)ステージ3 サバイバー 大月絢美さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー
  2. 第1話「テレビドラマに出演する小学生」
  3. 第2話「青山学院中等部へ」
  4. 第3話「歌手デビューを目指す」
  5. 第4話「アルバイトをしながら」
  6. 第5話「苦節8年歌手デビュー」
  7. 第6話「母親の乳がん」
  8. 第7話「30歳を目前に控えて」
  9. 第8話「右胸のしこり」
  10. 第9話「乳腺外科へ」
  11. 第10話「乳がん・トリプルネガティブ」
  12. 第11話「全身化学療法」
  13. 第12話「母の他界」
  14. 第13話「右乳房切除術」
  15. 第14話「新生Ayamiとして」

第9話「乳腺外科へ」

2015年に圭介さんと婚約した東京都目黒区在住の大月絢美さん(35歳、2015年当時33歳)は、右胸に大豆くらいのしこりを見つける。クリニックで診てもらい、良性腫瘍と言われ安心した。しかし、母親の体調が悪化していた。

2015年・秋、絢美さんの母親は、ますます具合が悪くなり、日中、寝込んでいることが増えていた。
一方、自分の右胸のしこりも気になる絢美さんは、時々、触って確認していた。

すると、11月、そのしこりが急に大きくなり始める。
7月に見つけた時は大豆の粒くらいだったが、今は、ニワトリの卵くらいの大きさだ。
「ちょっと、ヤバそうだな…」

正直、怖い感じがしていた。
このことを両親には明かせなかった。
体調が優れない母親にはもちろんの事、父親も難病を発症していて歩くのもゆっくりの状態だったからだ。
圭介さんと2人の新居に引っ越す準備をしていたが、それどころではなくなってくる。

12月2日、会社を休んで昭和大学病院・乳腺外科を訪れた。
名前を呼ばれ診察室に入ると40代の男性医師が優しい笑みを浮かべて座っていた。
しこりを確認した医師は、検査指示をだす。
血液検査、マンモグラフィー、超音波(エコー)検査、そして針生検。

重たい雰囲気になっている感じがした。
一連の検査結果は2週間後に知らされることになり、不安な2週間を送ることになる。

一方、日に日に体調が悪化する母親。
それを見かねた祖父母(絢美さんの母の両親)が、「病院に連れて行ってほしい」と孫の絢美さんに依頼。
12月4日、絢美さんは母親が通ったクリニックではなく、目黒病院に連れていった。
状況を重くみた医師は至急検査するために母親を入院させる。
そして、血液検査、CT画像検査、MRI検査…
絢美さんは、一旦、自宅に戻ったが気が気ではなかった。
自分も胸にしこりがあり、検査結果を待っている身。
12月6日、絢美さんが目黒病院に母親の見舞いに行った時、医師から話があると言われ部屋に移った。
「お母さんのことですが、検査結果が出ました。がんが肝臓、腎臓、そして骨にまで転移していて、進行した乳がん(ステージ4)です。たぶん、マズイ状態にあると思います」
その途端、頭の中が真っ白になり、顔から血の気が引いていくのが解った。

次のページを読む >> 第10話「乳がん・トリプルネガティブ」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。