【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がん(トリプルネガティブ)ステージ3 サバイバー 大月絢美さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】大月絢美さん 乳がん ステージ3 サバイバー
  2. 第1話「テレビドラマに出演する小学生」
  3. 第2話「青山学院中等部へ」
  4. 第3話「歌手デビューを目指す」
  5. 第4話「アルバイトをしながら」
  6. 第5話「苦節8年歌手デビュー」
  7. 第6話「母親の乳がん」
  8. 第7話「30歳を目前に控えて」
  9. 第8話「右胸のしこり」
  10. 第9話「乳腺外科へ」
  11. 第10話「乳がん・トリプルネガティブ」
  12. 第11話「全身化学療法」
  13. 第12話「母の他界」
  14. 第13話「右乳房切除術」
  15. 第14話「新生Ayamiとして」

第12話「母の他界」

2015年11月、乳がん(トリプルネガティブ、ステージ3C)と診断された東京都目黒区在住の大月絢美さん(35歳、2015年当時33歳)は、2016年1月より抗がん剤治療(ドセタキセル、FEC)を受けていた。乳がん(ステージ4)の母親も、同じ病院で抗がん剤治療を続けていた。

2016年3月、絢美さんの母親は一時退院をする。
翌月の4月12日、圭介さんの母親、圭介さん、そして絢美さんの4人でランチを一緒にした。
間もなく結婚する2人の門出を祝う昼食会で4人とも楽しみにしていた会だった。
みんなが皆、よかった、よかったと喜んでいた。
その日の夜、絢美さんの母親は再び具合が悪くなり3日後に入院となる。
そして、2016年4月26日、病室で意識が戻らなくなった。

強い喪失感。
絢美さんは、もう、どうしたらいいか解らなくなる。
思い返せば、33年間いつも自分のそばに母親がいた。
その母親の意識が戻らなくなった。

4月27日、絢美さんと圭介さんは区役所に婚姻届けを提出し入籍した。
がん治療中の自分…、かつて思い描いていた入籍とは全然違うが、妻になれたことが嬉しかった。
「私は、一生この人を裏切らないぞ。簡単には死なない」
そんなエネルギーが出てくる入籍手続きだった。

5月8日、この年の母の日、病院から今日が山場かもしれないと連絡があり、祖父母と圭介さんらが病院に集まる。
急がなきゃと絢美さんは病院の中を駆け回っていた。
その時…、
車椅子に乗っている女性に声をかけられる。
「お姉さん、なんでそんなに元気なの?」
年齢は20歳前くらいだが、顔色がよくない女性。これから抗がん剤治療を控えているとう彼女は、メイクや帽子、ウィッグのことと矢継ぎ早に絢美さんに質問を投げかけてくる。
それに丁寧に答え、最後にLINEを交換すると、つらそうな彼女が、にっこり笑った。
この時、ハッとした。
まもなく乳がんで他界する母親からのメッセージのように思えたからだ。
「(私は)自分が元気でいることで、誰かの役に立つことができる…」
旅立つ母親から「絢美、いつまでも元気にしていなさい、まだ絢美にはやることがあるよ」そう言われたかのようだった。

その翌朝、母親は祖父母と父親、圭介さんと絢美さんに見守られて帰らぬ人となった。
悲しかった…、でも変な言い方だが、一つの区切りになった。
13日前に意識が戻らなくなってから、毎日が本当につらかった。
それが終わった時でもあった。

次のページを読む >> 第13話「右乳房切除術」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。