【ストーリー】大東篤史さん 腎臓がん ステージ3 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

腎臓がん ステージ3 サバイバー 大東篤史さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】大東篤史さん 腎臓がん ステージ3 サバイバー
  2. 第1話「父との死別~新しい家族のかたち」
  3. 第2話「中学~大学、社会人へ」
  4. 第3話「右側脇腹の違和感」
  5. 第4話「8~9割の確率で腎臓がん」
  6. 第5話「腎臓がん、ステージ3、T3a N0 M0」
  7. 第6話「手術(根治的腎摘除術)」
  8. 第7話「開腹止血術」
  9. 第8話「3回目の外科手術」
  10. 第9話「リハビリ~退院」
  11. 第10話「腎臓がんから7年」

第6話「手術(根治的腎摘除術)」

脇腹に違和感があり病院で診てもらったところ、腎臓がん(ステージ3)と診断された岐阜県土岐市在住の大東篤史さん(44歳、2011年当時38歳)は、手術(根治的腎摘除術)のため入院した。

2011年4月19日 愛知県がんセンター中央病院、手術(根治的腎摘除術)予定日。
この日は、妻、母親、弟、そして妻の両親が病院に駆け付けた。
30年前、父親はがん手術中に病院で他界した。
だからこの日、皆が緊張していた。
そんな緊張をよそに約2時間の開腹手術は淡々と終了し、大東さんは集中治療室(ICU)に移動。
家族全員がホッとした時だった。
ただ、大東さんは身体がだるくてどうしようもない。

みんなが部屋から出て一人ベッドの上で“ボー”としていた時だった。
天井と壁の境に何か黒っぽいものが見えた。
15cmくらいの黒いものでこっちを見ている。
マントを身にまとい大きなカマを肩に担いでいる、よく漫画でみる死神の格好をしている。
「何であんなものが、あそこにいるんだろう…」
少し気味が悪く不思議な感覚だった。
このとき大東さんは明らかに幻覚を見ていた。

その夜、寝落ちして翌朝目が覚めると看護師が採血に来た。
しばらくして、また同じ看護師がベッドにやってきて採血をやり直すという。
「検査の結果、貧血状態になっているみたいなんです」
その看護師は慌てている。
それから10分後、医師と看護師がやって来る。
腹部に取り付けられているドレーンのパックをみて何も溜まっていないことを確認すると、今から急いでCT画像検査を行うという。
皆がザワザワしている。
そしてベッドのままCT画像検査室に運ばれるのだが、ベッドを押している看護師が殺気立っている。
「急患です、急患です。エレベーターを開けて下さい、最優先でお願いします」

大東さんは身体がだるくて、頭も働きにくく状況がよく解らない。
まだ麻酔が効いているんだろうな、そんな程度にとらえていた。

一方、CT画像検査が終わると看護師から家族を呼んで欲しいと言われる。
この時の大東さんは、お腹の中で出血していて、それが止まらない状態だった。
だるいのは出血が原因だった。
真剣な表情の主治医が、いまから開腹止血術を行うと説明した。

次のページを読む >> 第7話「開腹止血術」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。