【ストーリー】松井雅彦さん 中咽頭がん ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中咽頭がん ステージ4 サバイバー 松井雅彦さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】松井雅彦さん 中咽頭がん ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「続く微熱と喉の違和感」
  3. 第2話「耳鼻科クリニックへ」
  4. 第3話「がん告知」
  5. 第4話「食道へのがん転移」
  6. 第5話「今のうちに食べたいものを」
  7. 第6話「食道がんの切除手術と胃ろう設置」
  8. 第7話「放射線治療と抗がん剤治療」
  9. 第8話「退院。続く厳しい日々」
  10. 第9話「寛解。その後の日々」

第8話「退院。続く厳しい日々」

2015年12月に中咽頭がん(ステージ4、食道にがんが転移)と告げられた神奈川県逗子市在住の松井雅彦さん(55歳、2015年当時52歳)は、まず、横浜南共済病院で内視鏡を使った手術を受け、食道のがんを切除した。そして、2016年2月から、放射線治療と抗がん剤(ドセタキセル、フルオロウラシル、シスプラチン)治療を受けていた。

真面目な松井さんは仕事を一生懸命にこなすあまり、2007年に不安障害を発症した。
夜眠れないことも度々あり、薬で治療していた。
しかし、中咽頭がん(ステージ4)を告げられた日、主治医から「2クール目がきついけれど、それさえ乗り越えれば期待ができる」と言われ、絶対に負けないという積極的で前向きな自分に変わっていた。

だから、抗がん剤治療第2クールの強烈な副作用を受けている時も「これを乗り越えるんだ」と全力で戦っていた。

一方、食事はというと、第2クールの途中から食べられなくなり、胃ろうを使ってツインラインという栄養剤(消化態経腸栄養剤)を注入していた。
きびしい状況が続く中、思い出されるのは5ヶ月前に松井家にやってきた子猫の「マコちゃん」のこと。
このままだと保健所行きになってしまう生後1ヶ月の保護猫(マコちゃん)を譲り受け、可愛がっていたところ、長期の入院となった。
早く退院してマコに会いたい、松井さんは治療と副作用を乗り越えようとがんばった。

そして、4月8日、全39回の放射線治療を終え、ついに退院。
心の底からホッとした。

退院したものの依然厳しい日々に変わりなかった。
まず、声が出ない。
放射線を当てた首元は皮膚がただれて痛く、モルヒネを貼る始末。
口から食べられないので胃ろうを使い栄養剤を胃に入れるのだが、これがまた時間のかかる面倒な作業。
朝食に2時間、お昼1時間、夕食に2時間と合計5時間も椅子に座り胃ろうに栄養剤を流し込む。
何とも惨めな食生活だった。

退院した頃から口が渇くようになり4月30日に逗子デンタルクリニックで検査を受けた。
すると唾液が通常の4割程度しか出ていないことが解りがく然とする。
「やはり、そうか…」今後、少しでも回復することを目標にした。
やがて、食事は徐々に改善され、4月は3食胃ろうだったが、5月には2食、6月には1食と、口から食べられる機会が増えてゆく。
トーストをコーンポタージュにつけて湿らせて食べた時、
「ああ、口から食べられる」そんな感動を経験した。

次のページを読む >> 第9話「寛解。その後の日々」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。