【ストーリー】松井雅彦さん 中咽頭がん ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中咽頭がん ステージ4 サバイバー 松井雅彦さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】松井雅彦さん 中咽頭がん ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「続く微熱と喉の違和感」
  3. 第2話「耳鼻科クリニックへ」
  4. 第3話「がん告知」
  5. 第4話「食道へのがん転移」
  6. 第5話「今のうちに食べたいものを」
  7. 第6話「食道がんの切除手術と胃ろう設置」
  8. 第7話「放射線治療と抗がん剤治療」
  9. 第8話「退院。続く厳しい日々」
  10. 第9話「寛解。その後の日々」

第1話「続く微熱と喉の違和感」

「マコ(愛猫)に会いたい…」
このままだと保健所行きになってしまう生後1ヶ月の保護猫(マコちゃん)を譲り受け可愛がっていたのに、3ヶ月間も入院となった。
中咽頭がん(ステージ4)の厳しい抗がん剤治療中、早く退院してマコちゃんに会いたかった。

2015年10月、神奈川県逗子市在住の松井雅彦さん(55歳、2015年当時52歳)は、微熱が続いていた。
咳も出るし、喉が痛い。
「風邪ひいちゃったかな」

毎年1回くらいは風邪をひき、そうなると必ず扁桃腺が腫れてしまう。
東京・東新宿にオフィスがある会社に勤めていたが、会社が入っているビルの地下1階にある新宿イーストサイドたけうち内科を受診。
行くと、男性医師が松井さんの首まわりを触れ、こう言う。
「たぶん風邪でしょう」
PL配合顆粒3日分と解熱剤がされた。
そして、熱は下がり安堵する。

しかし、喉の違和感は残り、それが続く。
「変だなぁ、何だろう」

なかなか治らないので11月中旬、再びたけうち内科を訪れるが、風邪薬とうがい薬を処方され、しばらく様子をみることになる。
この時、医師に診てもらったことで取り敢えず安心した。

12月に入り会社のデスクで仕事をしていると、同じチームの男性社員からこんなことを言われる。
「松井さん、首のあたりが、ちょっと浮腫(むく)んでいますね」
デスクが向き合いになっている同僚社員で、以前、喉の病気を患ったことがあるという。

「絶対に、(病院で)診てもらった方がいいですよ」
そう言っていた。

これはもう、内科じゃだめだなあと思い、耳鼻咽喉科病院を会社の近くで探すが、なかなか見つからない。
だから、自宅がある地元の逗子市内で探すことにした。

次のページを読む >> 第2話「耳鼻科クリニックへ」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。