【ストーリー】松井雅彦さん 中咽頭がん ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中咽頭がん ステージ4 サバイバー 松井雅彦さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】松井雅彦さん 中咽頭がん ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「続く微熱と喉の違和感」
  3. 第2話「耳鼻科クリニックへ」
  4. 第3話「がん告知」
  5. 第4話「食道へのがん転移」
  6. 第5話「今のうちに食べたいものを」
  7. 第6話「食道がんの切除手術と胃ろう設置」
  8. 第7話「放射線治療と抗がん剤治療」
  9. 第8話「退院。続く厳しい日々」
  10. 第9話「寛解。その後の日々」

第7話「放射線治療と抗がん剤治療」

2015年10月から喉に違和感があり12月に横浜南共済病院で詳しい検査を受けた神奈川県逗子市在住の松井雅彦さん(55歳、2015年当時52歳)は、中咽頭がんで、食道にがんが転移していると言われた。
2016年1月に内視鏡による食道がんの切除手術が行われた。

無事、食道のがん切除を終えたので、次は、横浜市立大学附属病院に転院し中咽頭がんの治療を受ける。
説明では、放射線を喉と歯茎周辺に当てるため、唾液がで難くなるという。
医師から口腔外科に行くことを勧められ、弱い歯を事前に1本抜いて治療に臨む。

一方、放射線を患部にのみ当てるために頭と顔を固定する白い網状の特注マスクを作成。
樹脂でできていて松井さんの顔と頭の形にピッタリとはまる野球のキャッチャーマスクのようなものだ。

2月5日に入院し、2月8日から放射線治療が始まった。
月曜日から金曜日までの週5日間、合計39回照射する。
治療室に入ると顔とマスクを固定させるのに10分間ほど要するが、放射線の照射は1分程度。
短時間の治療だ。

放射線治療と同時に2月8日から抗がん剤(ドセタキセル、フルオロウラシル、シスプラチン)治療が始まった。
5日間連続で投与する全身化学療法。
放射線治療と抗がん剤治療が同時に始まった最初の1週間を無難に乗り越えた。

2月下旬、髪の毛が抜け始める。
メールを送った大学時代の友人たちが、代わる代わる見舞いにきてくれたが、髪の毛が抜けてから会う友人は「あ~あ」と嘆いていた。

そして入院して5週目の3月7日、鬼門と言われる第2クールの抗がん剤治療が始まる。
5日間連続投与が行われ、翌週の3月13日、夜から40℃を超える熱が出て、嘔吐と下痢を繰り返す。
意識がもうろうとしていて布団を5枚重ねにしても寒気で震えが止まらない。
「これが、先生の言っていたやつか…」
想像以上にきつい副作用が襲っていた。
血液検査の結果、極端に白血球数が低下していたので個室に移動。

「これを乗り越えれば大丈夫なんだ。何としても乗り越えるんだ」
松井さんは、副作用と闘っていた。

次のページを読む >> 第8話「退院。続く厳しい日々」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。