【ストーリー】山本めぐみさん 悪性リンパ腫 ステージ4 サバイバー

    悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫と濾胞性リンパ腫の混合リンパ腫) ステージ4 サバイバー 山本めぐみさんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】山本めぐみさん 悪性リンパ腫 ステージ4 サバイバー
    2. 第1話「腹部内の異物感」
    3. 第2話「大きくなるウェスト、左耳後ろの違和感」
    4. 第3話「病院へ」
    5. 第4話「消化器系か、婦人科、リンパのいずれか」
    6. 第5話「悪性リンパ腫でしょう」
    7. 第6話「日に日に悪化する体調」
    8. 第7話「病理検査の結果」
    9. 第8話「抗がん剤治療と副作用」
    10. 第9話「R-CHOP療法」
    11. 第10話「先に待つ3つの選択肢」
    12. 第11話「寛解」
    13. 第12話「間もなく、がんから2年」

    第1話「腹部内の異物感」

    「PETの結果ですが、寛解になっていました」
    主治医から信じられないことを言われた。
    悪性リンパ腫、ステージ4。
    3ヶ月前には想像もできない結果で、自分でも驚いた。

    2015年5月、石川県金沢市在住の山本めぐみさん(43歳、2015年当時41歳)は、夜、リビングのソファーで寝っ転がりながらテレビを観ていた。
    そして手でお腹に「の」の字を描くようにしてお腹のマッサージをしていた。

    便秘の時に効果的だと言われるマッサージ。
    山本さんは便通が良くない時にこのマッサージをやっていた。
    すると…。

    左側の腹部、中央当たりに何か反発するものがある。
    小学生が遊びで使う握りこぶし大のカラーボールのように反発するものがお腹の中にある感じだ。

    「なにかな?お腹にこんなものがあるのかな…」
    少し、あれっと思った。
    ただ、あんまり気にはならなかった。

    それから数日が経った時のことだ。
    何となく制服のウェストがきつくなったと感じる。
    会計事務所に勤務している山本さんは女性職員用の制服を着て働いていた。

    これはまずいと思い食べる量を少し減らしダイエットを始める。
    減量は成功し体重は3kgほど減った。
    しかし、きつくなったウェストはきついまま。

    そういえば、この前お腹を触ったとき反発するものがあったなと思い出す。
    この時初めて「何かの病気なのかな…」そう感じた。
    ただ、病気だとしてもたいそうな病気とは思っていない。
    今は忙しいからいつか時間ができたら病院に行ってみようかな…。
    そんなくらいに考えていた。
    2歳の息子がいる山本さんは働く子育て世代で多忙な毎日を送っていたからだ。

    ただ一応気になったので、インターネット検索をすると卵巣とか子宮が腫れるとウェストが太くなると書いてあるサイトがあった。

    次のページを読む >> 第2話「大きくなるウェスト、左耳後ろの違和感」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-