【ストーリー】山本めぐみさん 悪性リンパ腫 ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫と濾胞性リンパ腫の混合リンパ腫) ステージ4 サバイバー 山本めぐみさんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】山本めぐみさん 悪性リンパ腫 ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「腹部内の異物感」
  3. 第2話「大きくなるウェスト、左耳後ろの違和感」
  4. 第3話「病院へ」
  5. 第4話「消化器系か、婦人科、リンパのいずれか」
  6. 第5話「悪性リンパ腫でしょう」
  7. 第6話「日に日に悪化する体調」
  8. 第7話「病理検査の結果」
  9. 第8話「抗がん剤治療と副作用」
  10. 第9話「R-CHOP療法」
  11. 第10話「先に待つ3つの選択肢」
  12. 第11話「寛解」
  13. 第12話「間もなく、がんから2年」

第4話「消化器系か、婦人科、リンパのいずれか」

左側の腹部にカラーボールのように反発するもの、そして左耳の後ろにボコボコしたものを見つけた石川県金沢市在住の山本めぐみさん(43歳、2015年当時41歳)は、産婦人科クリニックを受診し金沢大学附属病院を紹介された。

待合室で待っていると名前が呼ばれた。
消化器外科の若い男性医師はまずCT画像検査を行いたいとして、そこから始まる。

「確かに、何か(あってはいけないものが)ありますね。消化器系か、婦人科、リンパのいずれかだと思いますが、個人的にはリンパじゃないかなと思います」

がんと言う言葉を使っていないが、がんを前提とした話しぶりだ。
そして、早く検査を進めた方がいいと言う。
さっそく担当の消化器の可能性を確認することになった。

翌日、6月11日。
なんと午前中に胃の内視鏡検査、午後に大腸内視鏡検査と2つの内視鏡検査が行われた。
両検査とも山本さんは起きていてモニターを観ながら受診。

「やっぱり何もないなー。むしろきれいなくらいですよ」
医師はそんなことを言いながら内視鏡を操っていた。

「そうなんだ…、大腸がんじゃないんだ…」
てっきり大腸がんだと想像していた山本さんは意外に思う。
正直、不思議な感じだった。

この頃、日に日に体調が悪くなっていた。
だから、大腸がんじゃないとしても何かの末期がんじゃないか、そんな風に感じてくる。

一方、精神状態はというと、山本さんは自分のことをそんなには心配していなかった。
信仰心の強いクリスチャンなので「神様が決めたことならば従うだけ」そんな想いでいる。
ただ、自分が他界したあと残される家族のことを考えると、心が痛んだ。

税理士事務所に勤めていた山本さんは上司である税理士にことの次第を伝えた。
「先生、ごめん。たぶん、(わたし)がんだわ…」
突然のことに驚いた上司はともかく病院でしっかり診てもらってほしいと言っていた。
がんを前提とした検査が続く中、家族と職場は不安を募らせていた。

次のページを読む >> 第5話「悪性リンパ腫でしょう」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。