【ストーリー】比屋根恵さん 乳がん ステージ4 サバイバー

    乳がん(硬癌 浸潤がん) ステージ4 サバイバー 比屋根恵さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】比屋根恵さん 乳がん ステージ4 サバイバー
    2. 第1話「空港検査員と畜産農家の仕事」
    3. 第2話「転職」
    4. 第3話「有名な比屋根牧場へ」
    5. 第4話「好きな仕事だから」
    6. 第5話「自分の触診で気づいたしこり」
    7. 第6話「大きくなったしこり」
    8. 第7話「右乳房の生検」
    9. 第8話「乳腺の繊維腺腫。良性」
    10. 第9話「変形する乳房。激しい痛み」
    11. 第10話「胸水」
    12. 第11話「胸膜播種」
    13. 第12話「まるで延命治療」
    14. 第13話「効果が顕著に出た抗がん剤治療」
    15. 第14話「セカンドオピニオンと転院」
    16. 第15話「自分と向き合った2年半」

    第15話「自分と向き合った2年半」

    乳がん(浸潤がん、ステージ4、ルミナルB、HER2・陰性)と診断され、抗がん剤(パクリタキセル)治療を始めた沖縄県石垣市在住の比屋根恵さん(48歳、2015年当時45歳)は、劇的な治療効果がでていた。そして抗がん剤治療を終え、2016年1月に昭和大学病院に転院した。

    2016年2月、ホルモン療法が始まった。
    1日1回、朝食後にタモキシフェンを服用する治療。
    外来での診察は3ヶ月に1回、昭和大学病院で行うもので、ほとんどの時間を石垣島で過ごす。
    1年前には想像もできなかったが、元の生活に戻っていた。
    あの時は胸膜播種を発症し、みんなが「もう、ダメか…」と覚悟した。

    でも、恵さんは牧場に戻り牛の世話をしている。
    すごいことだ。

    2016年12月。ホルモン療法に使用する薬をタモキシフェンからレトロゾールに替えた。
    また抗がん剤(エンドキサン)の服用を開始。
    年末に病院を受診した際に医師と相談の上そうすることにした。
    ランマーク、骨転移の皮下注射も2ヵ月に1回受けている。

    そして、いま…。
    2015年2月の競(せ)りで頭痛がして救急で沖縄県立八重山病院に運ばれた日から2年半がたった。
    胸膜播種で本当に危うかったときから2年半。
    恵さんは夫の和史さんと牧場で牛の世話に汗を流している。

    治療を続けているから体調の良い日と悪い日の波がある。
    仕事量でいえば病気前の半分くらいしかできない。
    でも家事から何から自分でやれているのだ。

    今、改めて牛飼いとして幸せだと思う。

    家族のような牛たちの世話を毎日しているが、牛が幸せそうにしているのを見ると自分も幸せになるという。
    優秀な子牛を育てる農家として、相変わらず注目される比屋根牧場には、今でもメディアからの取材依頼が絶えない。
    恵さんと和史さんは、その取材に快く応じている。

    この2年半、恵さんは自分と向き合った。
    日常のありがたみがわかり、生きていること自体に価値があると知った。

    1日1日を一生懸命に生きる。

    当たり前だが、とても大切なことだ。
    今日一日を大切に生きる。
    それを続けている恵さんだ。

    >>比屋根恵さんの「インタビュー」はこちら

    >>比屋根恵さんの「がん経済」はこちら

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-