【ストーリー】比屋根恵さん 乳がん ステージ4 サバイバー

    乳がん(硬癌 浸潤がん) ステージ4 サバイバー 比屋根恵さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】比屋根恵さん 乳がん ステージ4 サバイバー
    2. 第1話「空港検査員と畜産農家の仕事」
    3. 第2話「転職」
    4. 第3話「有名な比屋根牧場へ」
    5. 第4話「好きな仕事だから」
    6. 第5話「自分の触診で気づいたしこり」
    7. 第6話「大きくなったしこり」
    8. 第7話「右乳房の生検」
    9. 第8話「乳腺の繊維腺腫。良性」
    10. 第9話「変形する乳房。激しい痛み」
    11. 第10話「胸水」
    12. 第11話「胸膜播種」
    13. 第12話「まるで延命治療」
    14. 第13話「効果が顕著に出た抗がん剤治療」
    15. 第14話「セカンドオピニオンと転院」
    16. 第15話「自分と向き合った2年半」

    第9話「変形する乳房。激しい痛み」

    2009年に右胸の乳房にしこりをみつけ、翌2010年に生検を受けたが良性か悪性か判断がつかないと言われ、新潟県の病院を受診した沖縄県石垣市在住の比屋根恵さん(48歳、2010年当時40歳)は、ベテラン医師に乳腺腺腫で悪性に変わることは無いと言われ安心する。それから時間が経っていた。

    恵さんは新潟県の総合病院のベテラン男性医師が言ったことを信じていた。
    「私の経験では悪性に変わることはあり得ません」
    2年が経ち2012年。
    右の胸のしこりは固く大きくなっていた。乳房の形も変わってきた。
    大丈夫、大丈夫なんだ、これは良性なんだから…。
    そう自分に言い聞かせていた。
    ただ、右の胸のしこりは一つではなく複数になり中でゴロゴロし始める。
    乳首から血が出ていることすらあった。

    恵さんは自分が乳がんになったら家族と飼育している牛たちに申し訳ないと思い、この事実を夫に隠していた。
    心の中で右胸の異常は半分の確率でがんかもしれないと思っていた。
    ただ毎日の仕事で牧場に行くと楽しい。
    牛たちは恵さんに甘えてくる。
    そんな光景の中にいると怖さを忘れられた。
    現実逃避だった。

    ある夜、胸が痛んだ。
    強い痛みで声を上げるくらいの激痛だった。
    何かが中ではじけたような感覚があった。
    以前、乳がんの進行ステージのイラストを見たが、がんが進行すると腫瘍がはじける図があったことを思い出した。
    まさか…。
    本当に怖かった。
    あの医師が2年前に言った「私の経験ではありえない」という言葉と、いまさら乳がんとわかり家族に迷惑をかけられないという想いが、病院に行くのをためらわせた。

    一方この頃、比屋根家は妊活をしていた。
    畜産農家で子供がいないことは悩ましかったからだ。
    義理の父親は後継者が欲しかった。
    だから妊娠できるようにと恵さんは様々なホルモン剤を服用した。
    振り返ると乳がんのがん細胞にホルモンという餌を与えた状態になっていたのかもしれない。
    恵さんは胸のこと、そして妊活のことと悩みは尽きなかった。

    次のページを読む >> 第10話「胸水」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-