【ストーリー】藤井恵さん 卵巣がん 子宮体がん ステージ1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

卵巣がん、子宮体がん(重複がん、類内膜腺)サバイバー藤井さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】藤井恵さん 卵巣がん 子宮体がん ステージ1
  2. 第1話「痛みのひどい生理」
  3. 第2話「再度の生理の時の痛み、多量の出血」
  4. 第3話「東南アジアでのボランティア」
  5. 第4話「帰国してからの漫然とした日々」
  6. 第5話「今までにない出血。桃くらいの血の塊」
  7. 第6話「太り始める腰周り」
  8. 第7話「超音波検査でわかった卵巣の腫れ」
  9. 第8話「卵巣、卵管の手術と病理検査」
  10. 第9話「彼への告白」
  11. 第10話「病理検査結果と卵巣がん、子宮がん告知」
  12. 第11話「愛おしい一日一日。積極的な毎日へ」

第9話「彼への告白」

2014年夏から急にお腹まわりが太りだし10月には強い吐き気と貧血で体調を崩した埼玉県所沢市在住の藤井恵さん(41歳、2014年当時39歳)は、所沢第一病院で卵巣が腫れていると診断される。10日後、紹介先の多摩北部医療センターを受診すると手術が予定され、悪性だった場合は子宮も卵巣もすべて取ると言われた。藤井さんが39歳になる年のことだった。

2014年10月28日
夕方、仕事を終えた俊輔さんが家に来た。
二人でソファーに座り藤井さんはすべてを話した。
1週間後の11月4日に予定されている手術のこと、悪性だった場合、再度手術してその時はすべて取ること、そして半年に及ぶ抗がん剤治療。

うん、うん、とうなずきながら俊輔さんは真剣に聞いていた。
藤井さんからすると別れの言葉を告げる前の序章的な会話だった。
一通り説明し終わると、俊輔さんからこう言われる。

「わかった。今日は大事な話をするために来たんだ。……。僕のお嫁さんになって下さい」

ハッとした。
「でも、私はこんな身体なんだよ。こんなんじゃ、俊さんに悪いから無理だよ…」

そう返すと藤井さんの言葉をさえぎるように言う

「痛みも、苦しみも、俺に分けてほしい。すべて一緒に背負うからさ」俊輔さんはきっぱりと言った。

想像もしない衝撃的なプロポーズだった。

既に二人とも涙と鼻水でぐちゃぐちゃに泣いていた。
そして、うん、うん、と彼からのプロポーズに返していた。

10月末に藤井さんは予定通り入院した。
手術前に行われる一連の検査を終え、11月4日に手術が行われた。
この日、母親、姉、そして俊輔さんが立ち会った。
開腹して3時間の手術。

終わった後、麻酔薬がまだ効いていてもうろうとする中、姉が大きな声で何かを言っていた。
内容は思い返せないが「ああ、無事に終わったんだな」と思った。
まずは一つ乗り越えた。そう感じた。

それから8日後に退院し、11月27日、病院の外来に来た。
手術で取り除いた腫瘍の病理検査の結果を聞くためだ。
母親はみたび北海道から上京してきた。

この日、母親、俊輔さんと3人で主治医の話を聞いた。

次のページを読む >> 第10話「病理検査結果と卵巣がん、子宮がん告知」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。