【ストーリー】斉藤礼子さん 子宮体がん ステージ1 サバイバー

    子宮体がん ステージ1b サバイバー 斉藤礼子さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】斉藤礼子さん 子宮体がん ステージ1 サバイバー
    2. 第1話「不正出血」
    3. 第2話「止まらない出血」
    4. 第3話「別のクリニックへ」
    5. 第4話「子宮体がんの診断」
    6. 第5話「腹腔鏡による手術」
    7. 第6話「抗がん剤治療は見送りに」
    8. 第7話「幸せな"普通の当たり前の生活”」

    第1話「不正出血」

    「これはマズイですよ。すぐに大きな病院で診てもらってください」
    クリニックの医師からそう言われた。
    “この半年間、なんて勿体ないことをしたんだろう”
    悔しくてたまらなかった。

    神奈川県横浜市在住の斉藤礼子さん(50代)は、2016年、年が明けたころから不正出血が始まった。
    更年期を意識する頃で、それまであまり見られなかった不正出血。
    ほてりとか、ホットフラッシュも現れている。

    最初のころは時々みられた出血だったが、6月になると毎日のように起こる。

    「何だろう…、閉経に伴う出血なのかな?」
    そんな風に感じていた。

    職場の同年代の仲間に明かすと、みんな何らかの体調変化を抱えていると解り安心する。
    それでも気になるので、インターネットでキーワード検索して病気かどうか調べてみた。

    すると…、「子宮体がん」という病名が出てくる。

    “えっ、まさか…”そう思ったが、体調が悪いわけでもないし、どこか痛いわけでもない。
    信じたくないので、そのままにしたが、その後も出血は治まることなかった。

    2016年8月中旬、とりあえず1回、病院で診てもらおうと思い近所の産婦人科クリニックを訪れた。
    名前が呼ばれ診察室に入ると、温和そうな60代の男性医師が座っていた。

    「更年期の症状でホルモンバランスが崩れているんでしょう」
    そう言い、でも、子宮頸がんと子宮体がんの検査を行うことになり1週間後の検査予約が組まれた。

    そして翌週、金属の器具を使い、内の組織を取る検査が行われた。
    噂には聞いていたが採取する際に引っ張られる痛みから「あっ、痛いです」声を上げた。

    次回、2週間後の診察の時に検査結果が知らされることになる。

    次のページを読む >> 第2話「止まらない出血」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-