【ストーリー】長谷川一男さん 肺がん ステージ4 サバイバー

    肺がん(肺腺がん) ステージ4 サバイバー 長谷川一男さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】長谷川一男さん 肺がん ステージ4 サバイバー
    2. 第1話「映画鑑賞が好きで」
    3. 第2話「テレビ番組制作会社へ」
    4. 第3話「独立・結婚・子供の誕生」
    5. 第4話「首の付け根の腫れ」
    6. 第5話「がんの可能性が高い」
    7. 第6話「余命10ヶ月」
    8. 第7話「抗がん剤治療」
    9. 第8話「セカンドオピニオン」
    10. 第9話「“逃げ馬”の戦い」
    11. 第10話「8年間という大切な時間を生き抜いて」

    第10話「8年間という大切な時間を生き抜いて」

    2010年に肺がん(肺腺がん、ステージ4、背骨と肋骨に転移、EGFR変異なし、ALK融合遺伝子なし)余命10ヶ月といわれた神奈川県横浜市在住の長谷川一男さん(47歳、2012年当時41歳)は、抗がん剤治療(アリムタ、シスプラチン、カルボプラチン)、陽子線治療、経口の抗がん剤TS-1治療、抗がん剤(ドセタキセル、シスプラチン)、重粒子線治療、そして抗がん剤(アバスチン、ナベルビン)治療を続けていた。

    がん告知から3年目、長谷川さんは大きな決断をする。
    右の肺をすべて摘出する手術を受けたいと自ら申し出たのだ。
    この2年間、肺腺がんについて様々な勉強をして詳しくなった。
    一日一日を乗り越えている今、ぜひ、全摘手術を受けたいとお願いした。
    多大なリスクを伴う手術だが、十分に考えたうえでの大きな決断、迷いは無かった。

    2012年4月、右側の肺をすべて摘出する手術が行われ、手術は無事成功した。
    ただ…、合併症が起きた。
    「気管支断端ろうと膿胸(のうきょう)」

    その結果、右胸に穴をあけ、定期的にクリーニングをするための開窓手術が行われた。
    一連のことすべてが大きなことだった。
    積極的に治療を受けることに迷いはないし、合併症などのリスクが伴うことを承知して受けた手術だが、くやしかった。

    それから…、2年半という年月が経ち、2015年を迎える。
    肺がんの診断がおり、余命10ヶ月の宣告を受けたが、あの日あの時から5年という時間を生きていた。
    がん患者の世界には5年生存率という嫌な言葉がある。
    そういう意味では、その節目を無事に迎えることができた。
    すごいことだ。

    ただ、喜びもつかの間、長谷川さんに更なる試練が襲う。
    せっかく5年経ったのに、画像診断の結果、複数の転移が見つかった。
    だから、2015年2月から抗がん剤(タルセバ、TS-1、アバスチン)治療が開始。
    翌年2016年2月まで、約1年間続けられた。
    長谷川さんは、これも淡々と乗り越えた。

    そして、2016年の抗がん剤治療終了から今、2年間が経った。
    定期的に画像診断検査で診ているが、腫瘍の影は大きくならない。
    だから2年経った今、何も治療を受けていない。

    余命10ヶ月と言われたのを、持ち前の努力と忍耐力、そして幸運で覆し、8年間という大切な時間を生き抜いた。
    そしてさらに今、9年目に入っているのだ。

    ふり返ると、すべてがトレードオフの8年間だった。
    肉を切らせて骨を断つ。
    生き延びるために、必ず何かを差し出してきた。
    全て最初から解かっていたことだけど、勇気の要る決断の連続だった。

    長谷川さんは2年前に肺がん患者の患者会「ワンステップ」を立ち上げた。
    かつてディレクターとして作り上げた番組名と同じだ。
    「ワンステップ」には、その番組の趣旨と長谷川さんの想いが込められている。

    肺腺がん発症当時、まだ幼かった子供たちは今、息子が高校2年生、娘が中学3年生になっている。
    自宅で子供の勉強を一緒にみてあげるとき、幸せを感じる。

    幸せな生き方をしたい…。
    そう願う長谷川さんは、十分幸せだけど、更なる幸せに向かって毎日を過ごしている。

    がん…、たまたま自分の人生の中で起こったことだが、単なる一つの出来事にすぎない。

    父親として、夫として、ワンステップ代表として、男として、息子として、人として、
    多彩な顔と役割がある長谷川さんは、毎日を大切に、いま9年目を強く生き続けている。

    そして、誰にもまねできない人生の大作をつくり続けている。

    (リンク:NPO法人 肺がん患者の会 ワンステップ

    >>長谷川一男さんの「インタビュー」はこちら

    >>長谷川一男さんの「がん経済」はこちら

    取材:5years 大久保淳一

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-