【ストーリー】柳沼明日香さん 卵管癌 ステージ3 サバイバー

    卵管癌(漿液性腺癌) ステージ3c サバイバー 柳沼明日香さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】柳沼明日香さん 卵管癌 ステージ3 サバイバー
    2. 第1話「2人目の赤ちゃん」
    3. 第2話「腹部の腫れと違和感」
    4. 第3話「卵巣の腫れ」
    5. 第4話「東京慈恵会医科大学附属病院へ」
    6. 第5話「超音波検査を受けて」
    7. 第6話「高い腫瘍マーカーの値」
    8. 第7話「がん治療のために勧められた中絶」
    9. 第8話「今まで経験したことがないつらいこと」
    10. 第9話「中絶手術」
    11. 第10話「卵巣の腫瘍摘出手術」
    12. 第11話「自宅での外泊」
    13. 第12話「抗がん剤治療」
    14. 第13話「通院治療と復職へ」
    15. 第14話「シンプルに、そして1日1日を丁寧に」

    第5話「超音波検査を受けて」

    2015年1月、二人目の子供を授かった東京都大田区在住の柳沼明日香さん(37歳、2015年当時35歳)は、産科病院で卵巣が腫れていると言われ東京慈恵会医科大学附属病院を紹介された。そして紹介先の病院に行くと同じように腹部超音波(エコー)検査が行われた。

    担当した産科の医師は超音波検査を終えてからこう言う。
    「ウィメンズクリニックの方に行ってください」
    つまり東京慈恵会医科大学附属病院内にある婦人科のことだ。
    内線で電話して婦人科の医師と話していた。
    この後、婦人科で診てもらうことになり産科の診察室をあとにした。

    診察室を出てからだんだん恐くなってくる。
    赤ちゃんの心拍が確認できたのに、医師から区役所で母子手帳をもらってきてと言われなかった…。
    ここまで妊娠・出産のことしか頭になかったが、不安が募ってくる。
    正午を過ぎていたが、何も食べる気にならない。
    少し緊張して婦人科での診察を待っていた。

    14時になり午後の診察が始まった。
    柳沼さんを担当した医師は、眼鏡をかけた男性の医師だった。
    担当医は産科医からの紹介状を真剣に読んだあと、さっそく経膣(けいちつ)超音波検査を始めた。
    映し出される画像を一言もしゃべらず観ている。
    そして、「はい、わかりました」ただそう言っただけで検査を終えた。

    再び診察室に戻るとこう言う。
    「卵巣が大きく腫れています。13センチくらい。今、妊娠されていますよね。ですが、手術することになります。その前に、色々と情報を集める必要があります」

    「(先生、)悪性の可能性はありますか?」その場の雰囲気でそう聞いてしまった。

    「あります」 担当医は即答だった。そして続ける。
    「今日、せっかく病院に来て頂いているので、今から出来ることをします。まず、レントゲン検査、それから、血液検査をして腫瘍マーカーを見ます。柳沼さん、妊娠されていますが、早い方が良いので、MRI画像検査の予約をこちらで取ります」

    不安を抱えながらの検査の後、再びその医師と面談した際、思い切って尋ねた。
    「あのう…、先生、私、まだ分娩の予約を取っていないのですが」 
    一瞬驚いたような顔をしたが、はっきりと言った。
    「もしも、分娩できることになったら、その時は優先してあげますから。まずはあなたの命です」

    次のページを読む >> 第6話「高い腫瘍マーカーの値」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-