【ストーリー】柳沼明日香さん 卵管癌 ステージ3 サバイバー

    卵管癌(漿液性腺癌) ステージ3c サバイバー 柳沼明日香さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】柳沼明日香さん 卵管癌 ステージ3 サバイバー
    2. 第1話「2人目の赤ちゃん」
    3. 第2話「腹部の腫れと違和感」
    4. 第3話「卵巣の腫れ」
    5. 第4話「東京慈恵会医科大学附属病院へ」
    6. 第5話「超音波検査を受けて」
    7. 第6話「高い腫瘍マーカーの値」
    8. 第7話「がん治療のために勧められた中絶」
    9. 第8話「今まで経験したことがないつらいこと」
    10. 第9話「中絶手術」
    11. 第10話「卵巣の腫瘍摘出手術」
    12. 第11話「自宅での外泊」
    13. 第12話「抗がん剤治療」
    14. 第13話「通院治療と復職へ」
    15. 第14話「シンプルに、そして1日1日を丁寧に」

    第12話「抗がん剤治療」

    2015年に卵管がんがみつかった東京都大田区在住の柳沼明日香さん(37歳、2015年当時35歳)は、3月にがんを摘出する手術を受けた。いよいよ抗がん剤治療が始まる。

    病院に戻った翌日(3月24日)から抗がん剤治療が予定されていた。
    第1クール目の初日。
    点滴によりパクリタキセルとカルボプラチンを投与。
    さっそくその夜から倦怠感と関節の痛みを感じたが、3日目にもなると副作用はかなり和らいだ。
    3週間を1クールとするこの治療の初回投与を無事に終え退院。
    手術と合わせ1ヵ月弱の入院生活が終わった。

    2クール目以降は3泊4日の短期入院で抗がん剤を投与。
    その後2週間自宅で回復に充てるものに替わった。
    そしてこのクールから予定通り「TC+アバスチン」に切り替わる。

    抗がん剤治療の第1クールを終了して2週間が経ったころから、髪の毛が抜け始めた。
    脱毛はつらい。
    まつげや眉毛が抜けると人相も変わるし、美容という課題も悩みの一つとして加わるからだ。

    柳沼さんはいつも娘と一緒にお風呂に入っていたが、脱毛用帽子をかぶって入浴していた。
    髪の毛がない姿を家族の誰にも見せたくないし、子供を驚かせたくなかった。

    この頃の柳沼家はというと、家族5人暮らしだった。
    中絶手術を受けた2月、静岡から上京した両親が、今後は何かと大変になるだろうし、2歳の娘(=孫)の世話もあるからと住み込みで支えてくれていた。
    夫は仕事、柳沼さんは定期的に入院。
    でも、柳沼さんの両親が家にいて家事のフォローや幼い娘の面倒を見てくれる。
    柳沼さんの病気を機に、家族のきずなが一層、深まっていた。

    5月13日から第3クール、6月3日から第4クール。
    髪の毛はすっかり抜け落ち、吐き気や立ちくらみといった症状もあった。時々風邪も引いた。
    だが、柳沼さんは、いろんな感情を押し殺し淡々と抗がん剤治療を繰り返し、毎日を乗り越えていった。
    第4クール目まで抗がん剤治療は順調に進んでいた。
    しかし、6月に入ると薬による骨髄抑制がきつくなり、休薬期を経てもなかなか血液中の好中球等の値が回復してこない。

    医師は第5クールの開始予定を遅らせると同時に、今後は薬の量を減らすことを決定した。

    次のページを読む >> 第13話「通院治療と復職へ」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-