【ストーリー】柳沼明日香さん 卵管癌 ステージ3 サバイバー

    卵管癌(漿液性腺癌) ステージ3c サバイバー 柳沼明日香さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】柳沼明日香さん 卵管癌 ステージ3 サバイバー
    2. 第1話「2人目の赤ちゃん」
    3. 第2話「腹部の腫れと違和感」
    4. 第3話「卵巣の腫れ」
    5. 第4話「東京慈恵会医科大学附属病院へ」
    6. 第5話「超音波検査を受けて」
    7. 第6話「高い腫瘍マーカーの値」
    8. 第7話「がん治療のために勧められた中絶」
    9. 第8話「今まで経験したことがないつらいこと」
    10. 第9話「中絶手術」
    11. 第10話「卵巣の腫瘍摘出手術」
    12. 第11話「自宅での外泊」
    13. 第12話「抗がん剤治療」
    14. 第13話「通院治療と復職へ」
    15. 第14話「シンプルに、そして1日1日を丁寧に」

    第2話「腹部の腫れと違和感」

    2012年に待望の長女を授かり、3年後の2015年に2人目の妊娠を確信した東京都大田区在住の柳沼明日香さん(37歳、2015年当時35歳)は、静岡の実家ではなく東京で出産することに決めた。

    柳沼さんは、友達から色々と教えてもらい近所にある人気の高い産婦人科医院で診てもらうことにした。
    ただ、その病院を訪れるまでの10日間、身体に不思議なことが起こる。

    まず便秘。便が出ない日が3日以上続き、便意すら感じない日もあった。
    今までこれほど頑固な便秘は経験がなく、さすがに「おかしいな」と感じていた。
    また頻繁に尿意をもよおした。

    「長女を妊娠中もこんな感じの症状があったなぁ。でもこんなに初期だったかなぁ…」
    少し不思議に感じたが、しょせん妊娠中の便秘と頻尿。
    特段心配はしなかった。

    それから数日後、へその右下付近の腹部が、ポコッと腫れているのに気付く。
    手で触ると明らかに違和感があり、うつぶせになると下腹部に異物があるように感じた。
    不思議だった。

    柳沼さんはこのことを静岡の母親に話した。
    母親との電話は昔からの日課のようなものだったので、妊娠報告のついでに下腹部の腫れのことも話したのだ。
    「便秘がひどいなら、便の塊かもしれないよね」 妊娠にウキウキの母親とはそんな会話になった。

    2015年1月31日、待ちに待った産婦人科医院受診の日。
    数日前からすでに悪阻(つわり)が始まっていた。
    病院に到着すると入り口には人の列があり、早めに着いたのに診察まで3時間待ちとのことだった。
    しかも柳沼さんの出産予定月まで分娩の予約が埋まっていると受付で言われた。

    「絶対この病院で産みたい!」という気持ちになっていただけに愕然(がくぜん)とした。

    3時間待っても、この病院で出産することはできない。
    「出産できないところにいても仕方ない、早く次の病院を探さなくちゃ。今日は諦めて帰ろうかな…」

    悩んだ挙句、とりあえず母親に電話をした。

    次のページを読む >> 第3話「卵巣の腫れ」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-