【ストーリー】八尾智子さん 腹膜癌 ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

腹膜癌 ステージ4 サバイバー 八尾智子さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】八尾智子さん 腹膜癌 ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「食欲不振」
  3. 第2話「改善されない体調不良」
  4. 第3話「悪性腫瘍の疑い」
  5. 第4話「京都大学医学部付属病院へ」
  6. 第5話「検査だらけの2週間」
  7. 第6話「体調の悪化。確定しない病気」
  8. 第7話「つらくて仕方がない」
  9. 第8話「検査入院」
  10. 第9話「漿液性腺癌、腹膜がん、進行ステージ4B」
  11. 第10話「続く抗がん剤治療(TC療法)と気持ちの変化」
  12. 第11話「抗がん剤治療の終了」
  13. 第12話「寛解」
  14. 第13話「日常を取り戻して」

第5話「検査だらけの2週間」

食欲が減退し、その後頻繁に下痢を繰り返し、やがて息切れまで出てきた大阪府在住の八尾智子(やおともこ)さん(50歳、2015年当時48歳)は、京都大学医学部附属病院で悪性リンパ腫の疑いを告げられる。胸のリンパが腫れて胸水が溜まっていた。

翌日も幸一さん(仮名)の運転する車で大阪から京都まで行った。
とにかく息苦しくて身体がしんどい。
あまりのつらさでとてもじゃないが一人では病院に行けない。
この日は指示通り血液内科を受診。
担当したのは優しそうな女性の医師で、さっそく骨髄穿刺(せんし)検査が行われた。
骨髄に針を刺し骨髄液を抜き取るものだ。痛いし、しんどい検査だった。
診察した女医は50%の確率で悪性リンパ腫だと思うと言う。
ただ確信にまで至らないので引き続き様々な検査が予定される。
胃の内視鏡検査(胃カメラ)、大腸内視鏡検査、CT画像検査、MRI、PET検査
向こう2週間は検査だらけとなる。

「こんなに身体がつらくてしんどいのに、当分の間はまだ治療が始まらない…」
厳しい毎日が待っていた。

3月23日、八尾さんは会社の上司の女性に時間をもらい状況を説明した。
しばらく休職させてほしいと伝えると、「わかりました。しっかり身体を治してください」と言われ励まされた。

それ以来、通勤は無くなるが病院のない日は出来るだけ家族のことに時間を割いた。
中学2年生の次女が歯の矯正のため歯医者に通院していた。
昔からなじみのかかりつけの歯科医院だ。
八尾さんは自分が入院する前に長いお付き合いの歯医者さんにも伝えておきたいとして次女の歯医者まで付き合った。
行くと具合の悪そうな八尾さんをみて男性歯科医がこういった。
「お母ちゃん大丈夫か…?MRIの検査予約なんてすぐに取れそうなもんやけどな!」
治療が始まらない今の状況にいら立っていた。

考えてみれば不思議な行動だった。
あれ程体調が悪く呼吸をするのもやっとなのに娘の歯医者につきそう。
正直心のどこかで死を意識する時すらあった。
「私、もしかして…、死ぬのかな?」
そんな気持ちがどこかにあった。
だから長年の付き合いの歯医者にも行けるときに行ってあいさつをしたかったのだ。
いよいよ胸にたまった胸水を抜く処置が始まる。

次のページを読む >> 第6話「体調の悪化。確定しない病気」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。