【ストーリー】柴谷健さん 骨肉腫 ステージ不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

骨肉腫サバイバー 柴谷さんのがんに関するストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】柴谷健さん 骨肉腫 ステージ不明
  2. 第1話「17歳の少年。左足切断という重い決断。」
  3. 第2話「兵庫から千葉へ。始まった全身化学療法」
  4. 第3話「骨髄炎?テレビドラマの骨肉腫に似ている?」
  5. 第4話「半信半疑の骨肉腫。安心させてくれる叔父の言葉」
  6. 第5話「残酷な順番手術」
  7. 第6話「同世代患者の脚、腕切断。広がる怖さ。」
  8. 第7話「近づく体力と精神力の限界」
  9. 第8話「切断の決心とこぼれ落ちる涙」
  10. 第9話「始まったリハビリと抗がん剤全身科学療法」
  11. 第10話「兵庫から東京へ。転校、そして新しい生活へ」
  12. 第11話「はじめて知った病名」
  13. 第12話「玲子さんへの身体障害の告白。」
  14. 第13話「夢は東京パラリンピックでの競技実施へ」
  15. 【追想】

第8話「切断の決心とこぼれ落ちる涙」

17歳という若さにもかかわらず単身で千葉県の3病院で治療を受けていた東京都品川区在住の柴谷健さん(52歳、1981年当時17歳)は、ひざに人工関節を入れる手術を受けたが切開した箇所が2度の移植でもふさがらず、ついに左脚の切断を自ら決断する。

1981年9月。
自分から脚を切断してほしいと医師に伝えた。
柴谷さんにとって、とても重い決断だった。
医師たちが病室を出て行ったあと、自然と涙がこぼれ落ちた。
入院して10ヶ月間、泣いたことなんか1度もなかった少年が、つらさのあまり泣いた。

病気は残酷だ…。
人生これからというのに少年は身体の一部を奪う。

翌日、さっそく技師の人が病室にやってきて脚の「型」をとって帰った。
気分がいいものではない。
どんどん脚「切断」の方向に進んでいる。

これまでの自分は「健常者の世界」にいた。
しかし、手術が終われば「身体障害者の世界」に移ることになる。
いままでとは別世界だ。

1981年10月。
手術は教授による執刀で行われた。
オペ室に入ると若い研修医たちが手術を見学できるガラス窓の向こうにズラリと並んでいる。
「みんなで僕の手術を見るんだ」

ビックリすると同時に、なんとも嫌な気分になった。
この日、手術は無事に終わり、柴谷さんは左脚を失った。

どれくらい時間が経っただろうか?柴谷さんは病室で目が覚めた。
左脚がピリピリした感じで、まだ脚があるように思える。
でも、あるかどうかなんて怖くて確認できない。

切断手術後、風呂に入るときも自分の脚のところは見ない。
ズボンをはくときも脚は見ない。
深く傷ついた柴谷さんは、この時から自分の脚を見ることができない生活に変わった。

次のページを読む >> 第9話「始まったリハビリと抗がん剤全身科学療法」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。