【ストーリー】原健悟さん 精巣腫瘍(ステージ不明) サバイバー

    精巣腫瘍(ステージ不明) サバイバー 原健悟さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】原健悟さん 精巣腫瘍(ステージ不明) サバイバー
    2. 第1話「睾丸の腫れ」
    3. 第2話「泌尿器科へ」
    4. 第3話「精巣腫瘍と転移」
    5. 第4話「高位精巣摘除術」
    6. 第5話「BEP療法」
    7. 第6話「徐々に始まる副作用」
    8. 第7話「寛解。治療終了」
    9. 第8話「みんなが喜び、復職へ」
    10. 第9話「次の目標に向かって」

    基本情報

    名前: 原健悟さん >>5yearsプロフィール
    年代: 40代、男性
    病名: 精巣腫瘍
    病理:
    進行:ステージの告知はありませんでした(主治医、曰く、一般的に精巣腫瘍では告知しないとのことでした)。
    発症:2016年1月
    発生時年齢:47
    受けた治療:BEP療法(シスプラチン・エトポシド・ブレオマイシン)・外科手術(高位精巣摘除術)
    期間:2016年1月~4月(自宅療養期間も含めると5月)。 
    合併症:なし。
    職業:福祉職
    生命保険:アフラック スーパーがん保険
    (契約したのが20年以上前の20代の頃なので、当時と治療法も変わり先進
    医療特約などが付いておらず、また、診断給付も1回のみという条件なので
    この先再発、あるいは他部位り患した場合が心配です。)

    >>原健悟さんの「インタビュー」はこちら

    >>原健悟さんの「がん経済」はこちら

    次のページを読む >> 第1話「睾丸の腫れ」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-