【ストーリー】加藤由正さん 直腸がん ステージ3 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

進行性大腸がん(直腸がん) ステージ3 サバイバー 加藤由正さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】加藤由正さん 直腸がん ステージ3 サバイバー
  2. 第1話「40歳。便潜血(+)陽性反応」
  3. 第2話「56歳。2年連続で陽性反応」
  4. 第3話「人間ドック」
  5. 第4話「大腸内視鏡検査~直腸がんの診断」
  6. 第5話「セカンドオピニオン」
  7. 第6話「進行性大腸がん(直腸がん)、ステージ3A」
  8. 第7話「超低位前方切除術」
  9. 第8話「手術後」
  10. 第9話「7年目を迎えて」

第9話「7年目を迎えて」

2011年、進行した大腸がん(進行性直腸がん、ステージ3A)が見つかった埼玉県所沢市在住の加藤由正さん(65歳、2011年当時57歳)は、2011年5月に開腹手術(超低位前方切除術)を受けたが、人工肛門とはならず、自然肛門として温存された。その後、排便障害はあるものの元気に会社復帰し、約半年に及ぶ抗がん剤治療(ゼローダ)もやり遂げた。

会社に復職してからは、毎日妻に弁当をこしらえてもらいそれを食べた。
食事の内容とごはんの量(150g)は、レシピ本を参考にして、昼食も管理していた。

病院での定期検査の回数は、年4回、そのうち2回はCT画像検査で診ていく。
1年1年しっかり乗り越えて行ったが、2016年の健康診断で、再び、便潜血検査の1サンプルに陽性反応が出てヒヤッとする。
すぐに内視鏡検査を受け確認したが、問題なしと言われ胸をなでおろした。

思い返すと40歳の時に陽性反応が出て、しかし問題がなかったので、55歳で再び陽性反応が出たときは、再検査を受けなかった。

「そんなことしちゃいけない」

その想いから色んな機会に早期発見の大切さを語っている。
最近は講演も増えている。
加藤さんが伝えたいのは「正しく知って、正しく怖れよう」ということ。
やみくもにがんを怖れるのではなく、正しい知識をもとに理解することの大切さを伝えたいのだ。

2016年に直腸がんから5年が経ち、病院での定期診察は終わった。
「ああ、終わったんだ」
そう心から喜んだ。

今年は既に7年目に入っている。
「大腸がん(直腸がん)、ステージ3A」から7年目。
凄いことだ。

昨年65歳になり、長年勤めあげたサラリーマン人生に一区切りをつけた。
ふり返り幸せなサラリーマン人生だったと思う。
57歳で直腸がんを患ったけど、その後、60歳、65歳と、しっかり節目を刻んだのだから。

今年、楽しみにしていることがある。
6月に20日間、妻と娘と一緒にイギリス旅行に行く予定なのだ。
娘は仕事があるので途中で帰るが、家族で行く海外旅行。
未来のことはよく解らないけど、生きている限り楽しく生きたい。
それを実践している加藤さんだ。

>>加藤由正さんの「インタビュー」はこちら

>>加藤由正さんの「がん経済」はこちら

取材:大久保淳一

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。