【ストーリー】黒田奈美さん 子宮頸がん ステージ2 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子宮頸がん ステージ2 サバイバー 黒田奈美さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】黒田奈美さん 子宮頸がん ステージ2 サバイバー
  2. 第1話「手に職を」
  3. 第2話「就職・結婚・出産」
  4. 第3話「シングルマザー」
  5. 第4話「母の肺がん ステージ4」
  6. 第5話「続く不正出血」
  7. 第6話「医師への不信感」
  8. 第7話「子宮頸がん ステージ1B2」
  9. 第8話「広汎子宮全摘手術+両側付属器摘出+リンパ節生検」
  10. 第9話「強度変調放射線治療(IMRT)」
  11. 第10話「精神的な限界近く」
  12. 第11話「再就職と抗がん剤治療(TC療法)」
  13. 第12話「母との別れ」
  14. 第13話「続く試練」
  15. 第14話「なんとか乗り越えた」
  16. 第15話「看護師という目標へ」

第10話「精神的な限界近く」

2011年に調停離婚が成立しシングルマザーとなったため、生活の基盤を築くために一生懸命働く一方、娘と肺腺がん(ステージ4)の母親の世話をしていた埼玉県所沢市在住の黒田奈美さん(34歳、2014年当時30歳)は、2014年、自らも子宮頸がん(腺がん)を告げられ、手術(広汎子宮全摘手術+両側付属器摘出+リンパ節生検)、そして、強度変調放射線治療(IMRT)を受けていた。

外泊許可をとり、実家にサプライズ帰宅した黒田さんは、予定通り2泊で入院病棟に戻った。
憂鬱な入院病棟。
だけど、前に進み、治療を終えるためには仕方がなかった。
黒田さんには自分の心の内を吐露できる人がいなかった。
友人たちも年齢が若いから病気なんかしたことの無い人ばかりで、自分のつらい気持ちを話しても理解してもらえない。
それに同情されるのも嫌だった。
一方、入院病棟にいる年配の患者たちから「あなたは若いから大丈夫」と言われたが、「がんに、年齢なんか関係ないんじゃないかな…。若くても奪われるものは、皆、同じなんだから」共感できなかった。

そんな中、毎日、畜尿、下剤で大腸空っぽ、IMRT治療というつらい治療が続いていた。
世の中の人たちがゴールデンウィークで行楽・レジャーと楽しんでいる時、黒田さんは、一日一日を乗り越えていた。
この頃だ、娘がストレスから急性胃腸炎を発症し、嘔吐を繰り返す。高い熱も出ていた。
それを知った黒田さんは、心身共に弱ってしまい、強度変調放射線治療(IMRT)は、残り3回の照射を残して、途中で打ち切られる。
黒田さん、母親、4歳の娘にとって、精神的には限界に近い時だった。
そして5月11日、退院した。

「もう、これ以上の苦しみは(今後の私の人生には)ないだろうな…」
そんな風に信じて疑わなかった。

これからは、我慢してばっかりの人生はやめよう。遠慮と我慢だけの生活は、絶対によくない。
シングルマザーだから、生活がかかっている仕事だからと、アルバイトの子たちに気を使い、母親に気を使い、お客さんに気を使い、我慢して休みも取れず、その結果、がんの発見が遅れてしまった。
だから、もう、変に我慢しすぎるのはやめよう、そんな想いだった。

ただ手術で卵巣を外科的に切除したため、30歳の若さにもかかわらず更年期障害が出ていた。
ほてり、頭痛、物忘れ、ホットフラッシュ、さらに、カテーテルを入れて3時間おきに自己導尿を行わなくてはならない。
時間が経てば、身体が慣れて尿意を催すようになると聞いていたが、それまでは自分で事前に処理しなくてはならない。
まだ、直ぐには働けなかった。

次のページを読む >> 第11話「再就職と抗がん剤治療(TC療法)」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。