【ストーリー】谷口薫さん 子宮体がん ステージ2 サバイバー

    子宮体がん(類内膜腺がん、頸部浸潤あり) ステージ2b サバイバー 谷口薫さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】谷口薫さん 子宮体がん ステージ2 サバイバー
    2. 第1話「子宮頸がんのキャンペーン」
    3. 第2話「子宮頸がん検診へ」
    4. 第3話「子宮体がん再検査」
    5. 第4話「3回目の細胞診」
    6. 第5話「がん宣告」
    7. 第6話「医師とのコミュニケーション」
    8. 第7話「セカンドオピニオン」
    9. 第8話「再度のセカンドオピニオン」
    10. 第9話「医師との信頼関係」
    11. 第10話「子宮全摘出手術」
    12. 第11話「2度目の手術。後腹膜リンパ節郭清」
    13. 第12話「経過観察へ」
    14. 第13話「独り立ちしたビジネスウーマンに」

    第10話「子宮全摘出手術」

    2011年に子宮体がん(ステージ1A、類内膜腺がんG1)と告げられた神奈川県横浜市在住の谷口薫さん(51歳、2011年当時45歳)は、その後、東京医科歯科大学医学部附属病院に転院し、手術を受けることにした。

    手術が決まってからの谷口さんは引き継ぎ準備で忙しかった。
    会社の仕事、地域役員の役割、学校の各種後援会、週3日の配達、等々

    幸い、がんに対する死生観みたいなものは感じなかった。
    ともかく治療を無事に終えて、早く元の生活に戻りたかった。

    東京医科歯科大学医学部附属病院で様々な検査を受けた結果、
    「子宮体がん、ステージ2b、類内膜腺がん、頸部浸潤あり」
    進行ステージは1から2に替わったが、手術は予定通りのものとなる。

    年が明けて2012年1月24日、東京医科歯科大学医学部附属病院・入院病棟。
    夫が付き添いで見守るなか、約3時間の外科手術は無事に終わった。
    移動式ベッドで8階の病室まで運ばれた時、意識が戻る。

    未だ、麻酔が効いていて、上手く話せないが、そばに夫と息子がいるのがわかった。
    この日、18歳の息子が仕事を終えた後、病院に駆けつけたらしいが、最初、東京医科大学と勘違いしてそちらに行ってしまい、「入院していません」と言われ焦ったと笑っていた。

    手術を終えた谷口さんは打ちのめされたように苦しんでいた。
    身体から何本もチューブが出ていて、自由がきかない。
    一晩中、痛みからうなされ、喉がカラカラだった。
    手術がこれほど大変だとは思わなかった。
    その後順調に回復し、2月1日に退院。

    退院後、自宅で静養していたが、3週間経った2月22日、予定通り退院後初の病院外来に行った。
    すると主治医が悩ましそうな顔をして言う。
    「(手術で)取った組織を病理検査して調べたら、浸潤が広範囲にあったと報告されています。4月にリンパ節郭清手術を行いましょう。もし、リンパ節にがんが存在したら抗がん剤治療を始めます」
    つまり、2回目の手術を言い渡された。

    「せっかく元の生活に戻り、仕事にも復帰できると思ったのに…」

    ショックだった。

    次のページを読む >> 第11話「2度目の手術。後腹膜リンパ節郭清」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-