【ストーリー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー

    すい臓がん(膵体部癌) ステージ4サバイバー 池田実さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー
    2. 第1話「IT業界を経て会社設立へ」
    3. 第2話「胃腸の不快感」
    4. 第3話「唐突なすい臓がん告知」
    5. 第4話「入院~検査ずくめの日々」
    6. 第5話「余命3ヶ月」
    7. 第6話「医師が決断したオペ」
    8. 第7話「手術を終えて」
    9. 第8話「退院・帰宅」
    10. 第9話「死の受容と抗がん剤治療」
    11. 第10話「治療の終了へ」
    12. 第11話「復職。がんから2年。」
    13. 第12話「薬の力を借りながら」
    14. 第13話「5年を迎えて」

    第8話「退院・帰宅」

    2012年8月、進行したすい臓がん(膵臓がん、ステージ4a)の告知をうけ、9月に手術(遠位側膵切除(脾合併切除)、腹腔動脈幹、門脈合併切除)を受けた千葉県船橋市在住の池田実さん(73歳、2012年当時68歳)は、手術が成功したにもかかわらず体調が悪化していた。2度目の手術を10月に受け急性無石胆のう炎だったとわかる。

    2度目の手術を終えた池田さんは、食欲が少しずつ回復してきた。
    ただ、この2ヶ月間に体重が63kgから45kgまで減り、歩くとふらついた。
    それでも、2012年10月下旬、退院。
    妻に連れられ、病院からゆっくりと歩いて帰宅した。

    「自宅に、生きて戻れた…」居間の安楽椅子から見慣れた部屋を見回した。
    再び、それができ素直に嬉しかった。

    ヨタヨタしながら家の鏡で自分をみてみると、ぞっとした。
    痩せこけて顔つきが変わっている。
    全身を映してみると、腕、胸板、脚、すべて骨と皮だけの人間のようだ。
    かつて、ナチスドイツの収容所に強制収監されたユダヤ人捕虜の痩せこけた写真をみたことがある。
    今の自分は、まさにその人だ。

    食事をとることは出来るのだが、食欲がないため、ゆっくりと流し込むしかない。
    だから、朝食を3時間かけて食べ終わると、すぐさまお昼がやって来る。今度は、昼食を3時間かけて食べるから、もう夕方になっていて一日が食事で終わってしまう感じだ。
    来月から予定されている抗がん剤治療に向けて、早く体力を戻さなくては…、と焦る毎日だった。

    自宅にいると、会社から、時々、質問メールが来た。
    些細な内容だが、まだ自分が必要とされている感じがして嬉しい。
    想像以上に体力と筋力を失い、しかも治療は、長期化する見通し。
    会社のことは気になるが、池田さんにはどうしようもなかった。

    この頃、一つの心境に至っていた。

    「自分は、もう68歳。娘も一人前に成長して独立した。自分の一生の終わり方として、がんで短期間に他界するのも悪くないかもしれない。老いや病でゆっくり身体が弱っていき、何年もの間、家族や周囲の人たちに負担をかけて亡くなっていく…、そんな最期は嫌だと思っていた。平均年齢より少し早まってしまうかもしれないが、がんで短期間に死ぬのも、終わり方として悪くない」

    この心境を妻に伝えた。

    次のページを読む >> 第9話「死の受容と抗がん剤治療」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-