【ストーリー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー

    すい臓がん(膵体部癌) ステージ4サバイバー 池田実さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】池田実さん すい臓がん ステージ4 サバイバー
    2. 第1話「IT業界を経て会社設立へ」
    3. 第2話「胃腸の不快感」
    4. 第3話「唐突なすい臓がん告知」
    5. 第4話「入院~検査ずくめの日々」
    6. 第5話「余命3ヶ月」
    7. 第6話「医師が決断したオペ」
    8. 第7話「手術を終えて」
    9. 第8話「退院・帰宅」
    10. 第9話「死の受容と抗がん剤治療」
    11. 第10話「治療の終了へ」
    12. 第11話「復職。がんから2年。」
    13. 第12話「薬の力を借りながら」
    14. 第13話「5年を迎えて」

    第4話「入院~検査ずくめの日々」

    2005年に自分のITベンチャー会社を設立した千葉県船橋市在住の池田実さん(73歳、2012年当時68歳)は、事業が軌道に乗らず苦労していた。そんなさ中の2012年8月、胃腸に一抹の不快感があったので病院に行き診てもらうと、進行したすい臓がん(膵臓がん)と言われた。

    膵臓がん、今日、このまま入院…
    ただ驚くだけで「急にそんなことを言われても…」そんな気持ちだった。

    そういえば、妻の兄(義兄)が23年前の53歳の時に膵臓がんで他界した。
    当時、弱っていく義兄を病院でみて「がんにだけはなりたくない。あの苦しみだけは嫌だ」そう思った。
    それが今、わが身に起こっている。

    「会社、どうしよう…」
    真っ先に思ったのは、まだ軌道にすら乗っていない自分の会社のことだった。
    医師には会社の仕事の引継ぎのことがあるので、入院は明日からにしてほしいと伝え、診察室を出た。

    病院に行ったきりで帰りが遅い夫のことを心配した妻が病院に来ていた。
    ロビーで妻に、すい臓がんだと伝えると、驚きの余り、大きく息を飲んでいた。
    無理もない。
    普段と変わった様子もなく、腹の具合がちょっと気になるからと軽く言っていた夫だったのだから。

    池田さん夫妻には一人娘がいるが、すでに社会人となり独立していた。
    だから夫婦二人暮らし。
    これから、どんな生活になるのか?
    池田さんは、仕事と家庭のことが気になった。

    この日、病院の後、出社しほかのメンバー3人にすい臓がんであることを伝え、明日から入院すると説明した。
    当然ながら、みんなが驚く。
    そして自分の仕事を知人でもある外部のコンサルタントに一部経営や営業を引き継ぐこと、融資先、一部の取引先にがんの事実を伝えることを説明。
    あまりにも慌ただしい一日で、悩んだり、不安に思う時間もなかった。

    「健康には自信があったのにな…」

    その自信が覆った日だった。

    次のページを読む >> 第5話「余命3ヶ月」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-