【ストーリー】三枝幹弥さん 中咽頭癌(扁平上皮癌) ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中咽頭癌(扁平上皮癌) ステージ4a サバイバー 三枝幹弥さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】三枝幹弥さん 中咽頭癌(扁平上皮癌) ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「微熱とリンパ腺の腫れ」
  3. 第2話「何かが違う、おかしい」
  4. 第3話「悪性腫瘍の細胞が検出」
  5. 第4話「告知に次々と埋まる予定」
  6. 第5話「経営者のがん」
  7. 第6話「がん研有明病院へ」
  8. 第7話「ステージ4」
  9. 第8話「声か、命か」
  10. 第9話「取引先、金融機関、社員への説明」
  11. 第10話「CCRT化学療法併用放射線治療」
  12. 第11話「5分5分でわかりません」
  13. 第12話「顔面神経、舌下神経、副神経のリスク」
  14. 第13話「手術と病理検査」
  15. 第14話「戻らない体力と筋力」
  16. 第15話「中身の濃い5年間」

第3話「悪性腫瘍の細胞が検出」

2010年9月、左首のリンパ腺に見つかったパチンコ玉半分くらいの腫れが中々ひかないので困っていた山梨県中巨摩郡昭和町在住の三枝幹弥さん(48歳、2010年当時41歳)は、かかりつけ病院で診てもらった。そして山梨大学医学部附属病院で精密検査を受けるように言われた。

2010年10月のことだった。
三枝さんは山梨大学医学部附属病院の耳鼻科にいた。
担当したのは30代前半の若い男性医師でてきぱきとしていた。

喉の扁桃腺のあたりと左首の腫れの生検を行いたいと言い特殊な器具を持ち出した。
金属のマジックハンドのようなもので口を開けて扁桃腺のあたりをつかみ取る感じだ。
口を開くと金属棒が入れられる。
おえっーとしていたら、バチンと喉の奥をやられた。痛いし出血もしている。
「血は放っておけば止まりますから」
医師はそういう。

次に左首にあるパチンコ玉半分くらいの腫れ。
ぶすりと針を刺して、注射器で吸い取る。
「痛い!」ともかく痛い検査ばかりだった。
そして検査結果は1週間後に知らされることになった。

それから…。三枝さんはインターネットで検索をして自分の病気について調べた。
しかし、いろんな可能性があり、もしかして感染症かなんかかな?という感じでよく解らなかった。
この時はそれほど心配していなかった。

そして1週間後の2010年10月14日。
検査結果を聞くために、車を運転して一人で病院に来た。
呼ばれて診察室に入ると若い医師はおやっという顔をしてこう言った。
「奥様は家にいますか?」
何を言い出すんだろうと思ったが自宅にいると伝えるとこう続けられた。

「いまから検査結果をご説明しますが…、三枝さんが必要だと思われたら奥様を呼んでください。私からもう一度説明します」

その瞬間ビクッとした。「まずい…。なんかあったな」

医師は淡々と説明し始めた。
「2ヵ所から取った組織のことですが、結論から申しますと両方とも悪性腫瘍の細胞が検出されました」

次のページを読む >> 第4話「告知に次々と埋まる予定」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。