【ストーリー】三枝幹弥さん 中咽頭癌(扁平上皮癌) ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中咽頭癌(扁平上皮癌) ステージ4a サバイバー 三枝幹弥さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】三枝幹弥さん 中咽頭癌(扁平上皮癌) ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「微熱とリンパ腺の腫れ」
  3. 第2話「何かが違う、おかしい」
  4. 第3話「悪性腫瘍の細胞が検出」
  5. 第4話「告知に次々と埋まる予定」
  6. 第5話「経営者のがん」
  7. 第6話「がん研有明病院へ」
  8. 第7話「ステージ4」
  9. 第8話「声か、命か」
  10. 第9話「取引先、金融機関、社員への説明」
  11. 第10話「CCRT化学療法併用放射線治療」
  12. 第11話「5分5分でわかりません」
  13. 第12話「顔面神経、舌下神経、副神経のリスク」
  14. 第13話「手術と病理検査」
  15. 第14話「戻らない体力と筋力」
  16. 第15話「中身の濃い5年間」

第10話「CCRT化学療法併用放射線治療」

2010年に中咽頭がん(ステージ4、扁平上皮癌)と診断され化学療法併用放射線治療CCRTを選んだ山梨県中巨摩郡昭和町在住の三枝幹弥さん(48歳、2010年当時41歳)は、入院するまでの間、皆を安心させるために取引先、金融機関、社員たちにがんの事実と今後の体制について説明した。

妻の祥子さんは常に普通に接してくれた。
ありがたいと感じると同時に祥子さんのすごさを改めて感じた。
そして始まったCCRT化学療法併用放射線治療。
11月24日初日に抗がん剤(シスプラチン)を点滴で体の中に入れる。
1クールが3週間で、これを3クールこなす予定だ。

もう一方の放射線治療は月曜日から金曜日までの5日間、毎日20分間照射する。
これを33回行う。
IMRT(強度変調放射線療法)という治療法でCTのように放射線照射装置が顔と頭の周りをぐるぐる回る。
ずっと照射していると正常部位の脊髄などにも放射線が当たってしまいよくないので、患部にだけ常に当たるようにぐるぐる回す。
患者が身動きを取れないように固定した状態で20分間も放射線装置の中にいる。
「まるで、まな板の鯉だな…」
気持ち悪いし、心の中がざわつくのがわかる。
先生が厳しい治療になると言っていたのがよくわかった。
手術であれば治療後は日に日に体調が戻っていくが、このCCRTは日に日に体調が悪くなっていく。
過酷さゆえ全治療をこなせない人もいるという。

一方で、治療効果は順調だった。
耳鼻科の担当医から「治療は順調です。頑張っていますね」と褒められる。
左首にあったパチンコ玉半分のしこりは小さくなり平べったくなった。
素直に嬉しかった。
治療後半になると、放射線医が「これはすごい。きれいに消えている」と喜ぶ。

ただ食欲はないし、口から食べることができない。
だから入院して間もなくお腹に造設された穴「胃ろう」を使い1日3回、半固形のジェルを胃に流し込んだ。
これが何とも惨めな作業で毎日が憂鬱だった。
精神的に極限の状態だが歯を食いしばって毎日乗り越えていった。

この年のクリスマス、年末年始と過ぎ、CCRTは2011年1月中旬まで続いた。

次のページを読む >> 第11話「5分5分でわかりません」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。