【ストーリー】関根亜希子さん 乳がん(浸潤性乳管癌) ステージ2 サバイバー(トリプルネガティブ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

浸潤性乳管がん トリプルネガティブ ステージ2B サバイバー 関根亜希子さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】関根亜希子さん 乳がん(浸潤性乳管癌) ステージ2 サバイバー(トリプルネガティブ)
  2. 第1話「乳がん検診」
  3. 第2話「右胸のしこり」
  4. 第3話「生検」
  5. 第4話「極めて高いがんの疑い」
  6. 第5話「ごめんね」
  7. 第6話「トリプルネガティブ」
  8. 第7話「つらい報告」
  9. 第8話「がん転移の告知」
  10. 第9話「抗がん剤治療、CEF療法」
  11. 第10話「抗がん剤治療終了。手術へ」
  12. 第11話「全摘か部分切除か」
  13. 第12話「職場への復職」
  14. 第13話「がんになったことは私にとってほんの一部のこと」

第2話「右胸のしこり」

2014年に市で行う乳がん検診を受け、問題ないとされた埼玉県在住の関根亜希子さん(41歳、2014年当時39歳)は、翌2015年3月に朝シャワー浴びていたとき右胸にしこりを見つける。

もうすでに夕方6時を過ぎていた。
クリニックでは、マンモグラフィー検査と超音波検査を受けた。
その画像を確認した医師にこう言われる。
「画像を診ると確かにしこりの影は映っていますが、これは繊維質のかたまりみたいなもので心配いりません。大丈夫です。ただもし急に大きくなったり変わったことがあったらまた来てください」

正直ほっとした。
医師から病気じゃないと言われたのだから。

同じ職場の女性にもみてもらったがこう言われる。
「うちの母がむかし乳がんをやったんだけど、、それとは違うわ。だって母の乳がんはもっと硬かったもん。こんなに柔らかくなかったって」

だから夫の正明さん(仮名)にも心配なかったと報告し、安心してやりすごした。

それから3ヶ月後の2015年6月。
今度は右側のわきの下に3cmくらいのしこりをみつける。
2つ目のしこりだ。正直、ぞっとした。

その日のうちにクリニックに行き3日後にマンモグラフィーの再検査を受けることにする。
心の中は悶々としていた。
インターネットで情報検索をするがわきの下のしこりは乳がん転移の可能性と出てくる。
つらかった。
これまでは安心していたのに急に病気かもしれないと感じだす。
3日後にマンモグラフィーと超音波検査を受けたあと医師からこう言われた。

「形が前回とは変わっています。針で生検して病理検査をしましょう。来週、外科の医師が来るのでその時また来てください」

生検…。

ちょっと様子が違うと感じた。
心の中で「がんじゃない。乳がんじゃない」そう言い聞かせていた。

次のページを読む >> 第3話「生検」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。