【ストーリー】森島俊二さん 大腸がん(S状結腸がん) 肝転移 ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

S状結腸がん ステージ3a→ステージ4、肝転移 サバイバー 森島俊二さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】森島俊二さん 大腸がん(S状結腸がん) 肝転移 ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「36歳での健康診断」
  3. 第2話「便潜血検査陽性から大腸内視鏡検査」
  4. 第3話「グループ5に近いポリープ」
  5. 第4話「腹腔鏡によるS状結腸がん切除」
  6. 第5話「術後の補助化学療法と会社への復帰」
  7. 第6話「肝臓への転移」
  8. 第7話「中途半端なプロポーズ」
  9. 第8話「悪化してきた黄だん」
  10. 第9話「低い5年生存率。人は人。自分は自分」
  11. 第10話「人は人。自分は自分」
  12. 第11話「続くだるさと下痢」
  13. 第12話「荒波にもまれた10年」

第7話「中途半端なプロポーズ」

2007年に大腸がん(S状結腸がん)を発症し、手術と抗がん剤治療により経過観察に入った神奈川県海老名市在住の森島俊二さん(46歳、2009年当時39歳)だったが、2009年に肝臓への転移が見つかり国立がん研究センター中央病院で手術を受けることにする。

国立がん研究センター中央病院・肝胆膵外科の医師にはオーラを感じた。
ちゃんとした自信が感じ取れた。

セカンドオピニオンから2ヵ月後の2009年9月、森島さんは肝臓に転移したがんを取り除く手術を国立がん研究センター中央病院で受けた。
通常であれば3時間から5時間かかる手術。
わずか1時間半ほどで手術室から出てきたため、もしかしてがんを取り切れなかったのではないかと両親が心配したほどだ。
執刀した医師は「ちゃんとしっかり取れましたよ。もう大丈夫」そう声をかけてくれた。

森島さんは10月上旬までの2週間弱そこに入院していたが、この間、毎日のように3歳年下の朋子さんが見舞いに来てくれた。
スポーツジムのスカッシュを通じて知り合い、お付き合いが始まっていた。
朋子さんは仕事が終わると東京・築地までやって来て病室で森島さんと一緒に夕食を食べて帰った。

退院してしばらくしてのこと、森島さんはそろそろ結婚したいという気持ちを伝える。
照れと恥ずかしさからプロポーズらしいプロポーズになっていなかった。
また、自分がどうなるのかわからないという気持ちから中途半端なプロポーズになってしまった。
それでもしっかり屋の朋子さんは受け入れてくれて翌2010年2月に二人は入籍した。

今回の肝臓への転移により森島さんの大腸がんは進行ステージ4となった。
しかし「たぶん大丈夫だ」という自信がある。
うまく説明できないが自信があるのだ。

手術のあと11月から会社に再復帰した。
とても順調で普通に残業もできる体力になっていた。
だから安心していた。

2010年に入り森島さんはスポーツジムにも再び入会する。
仲間たちとスカッシュを楽しむ元の生活を取り戻し出した。

そして2010年6月、朋子さんと正式な結婚式を挙げ、みんなから祝福された。
幸せな時を過ごしていた。

次のページを読む >> 第8話「悪化してきた黄だん」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。