【ストーリー】森島俊二さん 大腸がん(S状結腸がん) 肝転移 ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

S状結腸がん ステージ3a→ステージ4、肝転移 サバイバー 森島俊二さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】森島俊二さん 大腸がん(S状結腸がん) 肝転移 ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「36歳での健康診断」
  3. 第2話「便潜血検査陽性から大腸内視鏡検査」
  4. 第3話「グループ5に近いポリープ」
  5. 第4話「腹腔鏡によるS状結腸がん切除」
  6. 第5話「術後の補助化学療法と会社への復帰」
  7. 第6話「肝臓への転移」
  8. 第7話「中途半端なプロポーズ」
  9. 第8話「悪化してきた黄だん」
  10. 第9話「低い5年生存率。人は人。自分は自分」
  11. 第10話「人は人。自分は自分」
  12. 第11話「続くだるさと下痢」
  13. 第12話「荒波にもまれた10年」

第1話「36歳での健康診断」

「プロポーズらしいプロポーズはしてないんですよ」
照れと恥ずかしさからそうなってしまった。
大腸がんの肝臓転移が見つかってから8ヶ月後に、お付き合いしていた朋子さんと入籍した。

2006年・夏
産業用機械の製造を行っているメーカーで設計の仕事をしていた森島俊二さん(46歳、2006年当時36歳)は会社で受けた健康診断の結果報告書を見て「おやっ」と思った。

「便潜血検査:陽性、再検査・要」

そう書いてあった。
おやっとは思うもののあまり気にはならなかった。
なぜなら森島さんはまだ36歳と若い。
しかも自称「健康生活」と言えるほど健康には自信があった。

お酒・タバコはまったくやらない。
毎週末スポーツジムのスカッシュ教室で仲間たちとスカッシュをしていて運動不足ということはない。
当然病気らしい病気はしたことはない。
さらに森島さんの家族・親戚にも大きな病気をした身内は一人もいない。
だから健康診断の結果は気にならなかった。

季節は夏から冬に変わり2007年1月。トイレで用をたすと時々便に血が混じってくる。
「ぢ」かな?
お尻を紙で拭くと血がつくこともある。
こんなこと恥ずかしいから両親にも誰にも言えずインターネットで時々、痔(ぢ)を調べていた。
しかし、だんだん出る血の量が増えトイレが気になってくる。

その年の梅雨に入ったころトイレで用をたすとなんと「いちごジャム状」のドロッとした血が出た。
あめ玉くらいの大きさだ。
ネット上で情報検索し確認するが、痔とは思えない。
だけど仕事は忙しいし、大型プロジェクトが動いているから会社を休んで病院には行きにくい。
「そろそろやばいな。最初は痔だと思ってたけど、これは違うんじゃないかな…」
少し気になりだした。

そして7月に入ると自分でもびっくりすることが起こる。
会社の事務所が4階にあり、みんなと一緒に階段を登たっとき自分だけ皆についていけない。
貧血状態になっていた。

次のページを読む >> 第2話「便潜血検査陽性から大腸内視鏡検査」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。