【ストーリー】森島俊二さん 大腸がん(S状結腸がん) 肝転移 ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

S状結腸がん ステージ3a→ステージ4、肝転移 サバイバー 森島俊二さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】森島俊二さん 大腸がん(S状結腸がん) 肝転移 ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「36歳での健康診断」
  3. 第2話「便潜血検査陽性から大腸内視鏡検査」
  4. 第3話「グループ5に近いポリープ」
  5. 第4話「腹腔鏡によるS状結腸がん切除」
  6. 第5話「術後の補助化学療法と会社への復帰」
  7. 第6話「肝臓への転移」
  8. 第7話「中途半端なプロポーズ」
  9. 第8話「悪化してきた黄だん」
  10. 第9話「低い5年生存率。人は人。自分は自分」
  11. 第10話「人は人。自分は自分」
  12. 第11話「続くだるさと下痢」
  13. 第12話「荒波にもまれた10年」

第11話「続くだるさと下痢」

2012年1月に発症した2度目の転移がんを治療するため抗がん剤(FOLFOX+パニツムマブ)投与を開始した神奈川県海老名市在住の森島俊二さん(46歳、2012年当時41歳)は、約1年間会社を休職し治療に専念した。そして2013年4月に抗がん剤がFOLFIRIとゼローダに替わるタイミングで復職する。

抗がん剤が替わったことでこうも生活が替わるものかと感じた。
再び朝から会社に行って仕事をする生活に戻れたのだ。
ただ1年間のブランクがあり体力も落ちていたので、最初はストレスの少ない事務仕事を担当することになった。
資料を集めて纏め上げる仕事だ。
そしてこの仕事が何とも面白い。
とても勉強になる仕事で楽しくて仕方がない。
森島さんは会社と上司に感謝した。

その仕事を半年間担当したあと再び設計の仕事に戻った。
2013年秋のことだった。
会社、治療、家族と、また平穏な生活がつづいた。
この「FOLFIRI+ゼローダ」の組み合わせは通院で治療できるのでとてもありがたかったが、時間が経つにつれ副作用の「だるさ」と「下痢」に悩まされる。
だから2年9カ月間続けたところで医師と相談し2015年1月から中断することにした。

中断してからは、更に一層生活が見違えった。
何をするにしても思いっきりできるのだ。
仕事、スカッシュ、魚釣り
すべてがみなぎるようなエネルギーで楽しめて充実した毎日になった。

そんな生活が10ヶ月ほど続いたが、2015年10月に2回目の黄だん症状が出る。
今度は我慢せずすぐに病院にいき入院。
再び会社を休まざるを得なかったが、発症初期に治療を受けたのが良かった。
今回はわずか2週間の入院で黄だんが消えた。
自分の病気との付き合い方を習得したため大事には至らなかった。
その後抗がん剤治療を再開したが今度は「FOLFIRI+TS-1」の組み合わせになった。
しかし森島さんの身体には合わず胆のう炎を発症し入院。
年が改まり2016年1月には、胆管炎を発症し北里大学病院で入院治療を受けた。
またそれまでかかりつけ病院としてきた相模原市の総合病院は3月いっぱいで外科がなくなることになり、このタイミングで神奈川県立がんセンターに転院。
時を同じくして抗がん剤(FOLFIRI+アバスチン)の組み合わせの治療が始まった。
今回は最初からCVポートをあけ、薬を入れるので通院で済む。ただし3日間、デフューザーポンプを持ち歩かなければならない。
2016年7月からよたび復職した。

次のページを読む >> 第12話「荒波にもまれた10年」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。