【ストーリー】原田祐子さん 炎症性乳がん ステージ3 サバイバー

    炎症性乳がん(浸潤性乳管がん)ステージ3B サバイバー 原田祐子さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】原田祐子さん 炎症性乳がん ステージ3 サバイバー
    2. 第1話「左胸の張り」
    3. 第2話「炎症性乳がん?」
    4. 第3話「がん告知。転移。手術不能。」
    5. 第4話「抗がん剤治療の開始」
    6. 第5話「抗がん剤の副作用」
    7. 第6話「転院のための病院探し」
    8. 第7話「抗がん剤治療終了と小さくなった腫瘍」
    9. 第8話「最後の治療を終えて」

    第4話「抗がん剤治療の開始」

    2016年に左胸が赤く、硬く、大きくなってきた愛知県みよし市在住の原田祐子さん(51歳、2016年当時49歳)は、4月に豊田厚生病院を訪れ生検を受けた。その結果、炎症性左乳管がん(ステージ3b、リンパ節転移、浸潤性乳管がん)と言われ、手術は出来ないと伝えられた。

    医師は、非常に進行の速いがんなので、なるべく早く抗がん剤治療を開始すべきと言い、3日後の5月9日に、それが予定された。
    その上で、薬によりがん組織が小さくなれば外科手術も行えるという。
    混乱した原田さんは、こみあげてきてポロポロ泣いている。
    それを見た医師ももらい泣きをする
    同席していた夫は驚きから何も話せないでいた。

    統計的には、5年生存率50%だという。
    「(私は)5年を生きられるのかな…?」

    原田さんは命と向き合うことになった。

    自宅に戻ってから大学2年生の娘に伝えると「あー、そうなんだ」と返す。
    楽天的な性格もあり、慌てるようなことは無い。
    高校3年生の息子は「わかった」と言っていた。
    学校に脳腫瘍を乗り越えた友達がいるそうで、息子もさほど驚かない。
    子供たち2人が冷静だったのは助かった。

    ただ、両親には伝えなかった。
    伝えたら泣くだろうし、取り乱すかもしれないから今は止めておいた。

    そして始まった抗がん剤治療。
    病院の外来で点滴から3種類の薬を身体に入れるものだった。
    ハーセプチン、パージェタ、タキソテール

    病院に行くと、まず血液検査を行い、その日に抗がん剤を投与しても大丈夫かどうかチェックする。
    問題なければ、午後から点滴が始まり、4時間程度かけて投与。
    昼食は抗がん剤の点滴を受けながら食べた。
    3週間を1クールとするもので、これを合計7クール行うという。
    この日に早速、ウィック(かつら)を作った。

    「(自分は) 悪い夢を見ているのかな…」
    そんな思いで治療を受けていた。

    次のページを読む >> 第5話「抗がん剤の副作用」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-