【ストーリー】原田祐子さん 炎症性乳がん ステージ3 サバイバー

    炎症性乳がん(浸潤性乳管がん)ステージ3B サバイバー 原田祐子さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】原田祐子さん 炎症性乳がん ステージ3 サバイバー
    2. 第1話「左胸の張り」
    3. 第2話「炎症性乳がん?」
    4. 第3話「がん告知。転移。手術不能。」
    5. 第4話「抗がん剤治療の開始」
    6. 第5話「抗がん剤の副作用」
    7. 第6話「転院のための病院探し」
    8. 第7話「抗がん剤治療終了と小さくなった腫瘍」
    9. 第8話「最後の治療を終えて」

    第2話「炎症性乳がん?」

    愛知県みよし市在住の原田祐子さん(51歳、2016年当時49歳)は、2016年に左の胸が、右胸に比べて大きく、赤くなり、そして固くなっているのを見つけた。

    熊本から自宅に戻ったころ、原田さんは大事なことに気づく。
    「そう言えば、(今月の)生理が来ても左胸の張りがひいていない…。きっと、何かの病気なんだろう…」
    不安になりインターネット検索を始めた。

    ばい菌が入ると炎症を起こす「乳腺炎」が浮かび上がってくる。
    しかし、納得できず、もっと不安になる。

    一方、原田さんは、ここ2年、毎年乳がん検診を受けていた。
    2014年に超音波検査、2015年はマンモグラフィー。
    でも、乳がんの疑いは指摘されなかったから、それではないのではと思っている。

    左胸は、赤く、固く、全体的に張っている感じ。
    (子供の)ママ友で保健師をしている友人に相談し、豊田厚生病院を訪れた。

    2016年4月26日、豊田厚生病院・外科。
    名前を呼ばれて診察室に入ると、50代の女性医師が座っていた。
    ハキハキと話す人で頼りになる感じがする。
    乳腺を専門にする医師で、週に2日間、この病院に来て診察しているという。

    触診、血液検査、そしてCT画像検査の結果をみて、
    「う~ん、ばい菌か何か入いちゃったんじゃないかなあ。でも、細胞診(生検)をしましょう」
    そう言って、原田さんを診察室の中にあるベッドに案内した。

    診療ベッドの上で横になっていると、左胸に針を刺され「痛い!」と感じたが、一方で、
    「これで解かるんだ」そう思った。
    2日後にも追加の検査を予定され、1週間後にすべての検査結果が伝えられることになった。

    乳がんの可能性…、もし乳がんだったら、普通は、しこりが胸にでき自分でもわかると思う。
    でも、原田さんの場合しこりではない。だから一体何だろう?と不安になる。
    そんな不安な気持ちを、原田さんは一人で抱えていた。
    夫は仕事で忙しく、話をする機会がなかなか無い。

    心の中で悶々としながらインターネット検索を続けていると、
    「炎症性乳がん」という病名が現れてきた。

    次のページを読む >> 第3話「がん告知。転移。手術不能。」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-