【ストーリー】原田祐子さん 炎症性乳がん ステージ3 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

炎症性乳がん(浸潤性乳管がん)ステージ3B サバイバー 原田祐子さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】原田祐子さん 炎症性乳がん ステージ3 サバイバー
  2. 第1話「左胸の張り」
  3. 第2話「炎症性乳がん?」
  4. 第3話「がん告知。転移。手術不能。」
  5. 第4話「抗がん剤治療の開始」
  6. 第5話「抗がん剤の副作用」
  7. 第6話「転院のための病院探し」
  8. 第7話「抗がん剤治療終了と小さくなった腫瘍」
  9. 第8話「最後の治療を終えて」

第1話「左胸の張り」

キーワードを入れて、インターネット検索を続けた。
出てきた病名は…、「炎症性乳がん」
嫌な病名が出てきて、心の中で不安が広がり始めた。

愛知県みよし市在住の原田祐子さん(51歳、2016年当時49歳)は、1993年、25歳の時に4歳違いの夫と結婚。
父親の友人から紹介され父が認めた人だった。
厳格な家庭に育った原田さんは、人生を共にする伴侶選びに父親の意見が大切だった。
結婚した年(1993年)10月、夫はそれまでの会社務めを辞めて、自動車部品の設計をする事業を立ち上げる。夫婦2人3脚での個人事業がスタートした。

トヨタ自動車が本社を置く愛知県。
原田さん夫婦のビジネスは順調に業績を伸ばし、従業員を雇うまでになっていく。
夫が社長、原田さんは経理と営業を担当する役員。
2人の子供(娘と息子)にも恵まれ幸せな家庭を築いていった。

事業を始めて23年、会社は100人以上の従業員を雇用する株式会社にまで発展。
原田さんは49歳になり、長女は大学2年生、長男は高校3年生と子育ては一段落していた。
そんな、ある日…、
お風呂上りに鏡を見ると左胸が大きくなっているのがわかる。
肌の色は同じだが、左だけ全体的に張っていて左右の大きさがアンバランスなのだ。

「最近、太って胸が大きくなったのかな?」
これまでも、生理が来る前に片方の胸だけが張ることがあったので、「もともと、生理前にはこうなっていたのかな?」そんな風に心を整理する。

だから、翌月の生理のタイミングまで様子をみようと思った。
ただ、このことを夫に話したら「病院で診てもらったら…」そう言っていた。

しかし、日が経つにつれて左胸だけ何となく固い感じがしてきて、色も赤みを帯びてきた。
そんなころ、2016年4月14日、熊本地震のニュースが飛び込む。
熊本には整骨院を営んでいる知人がいた。
2ヶ月に1回訪問して身体を診てもらうと同時に、相談にのってもらっていた。
その知人が被災した。
だから、力になりたいと思い熊本に支援に出かける。
忙しい時間が過ぎてゆき、左胸のことは後回しになっていた。

次のページを読む >> 第2話「炎症性乳がん?」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。