【ストーリー】阿部久美子さん 乳がんステージ2(ルミナルA) サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がんステージ2(ルミナルA) サバイバー 阿部久美子さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】阿部久美子さん 乳がんステージ2(ルミナルA) サバイバー
  2. 第1話「生命保険会社への転職」
  3. 第2話「乳がん検診と子宮がん検診」
  4. 第3話「本当に自分のやりたい仕事」
  5. 第4話「右の乳房の上にしこり」
  6. 第5話「良性か、悪性かは半々の確率」
  7. 第6話「メスを入れたくない」
  8. 第7話「民間療法を試す」
  9. 第8話「生検」
  10. 第9話「乳腺悪性腫瘍手術と乳房再建手術」
  11. 第10話「手術」
  12. 第11話「ホルモン療法と遊離皮弁術(乳房再建術)」
  13. 第12話「自宅療養と仕事の開始」
  14. 第13話「3回の『ゼロからスタート』」

第1話「生命保険会社への転職」

「あの時の電話は久美子のことだったの…。ごめんね、気が付かなくて…。(がんは)私が代わってあげたいよ…」
母親にそう言われ一緒に泣いた。
1ヶ月前に母親に電話で相談したとき、自分じゃなくて知人のがんのことのように言ってしまった。
それを後悔した。

長年、パソコンのインストラクターの仕事をしていた神奈川県大和市在住の阿部久美子さん(44歳、2006年当時33歳)は、2006年に一念発起して生命保険会社に転職。
インストラクターは十分やり切ったと言う想いと、今後のことを考えてキャリアのジャンプを試みた。

生命保険会社で担当した仕事はFP(ファイナンシャル・プランナー)部門でのコンサルティング。
保険商品とともにお客様の資産形成の相談・アドバイスをする仕事だ。

金融分野は未経験だったが、研修期間にしっかりと勉強して知識を増やしていった。
会社の理念「お客様の夢の実現」というフレーズに共感し、とてもやりがいを感じた。

ただ、後でわかったのだが…、

正社員としての雇用ではなく個人事業主としてだった。
生命保険会社の業界では一般的な雇用形態だが、何も知らない阿部さんは入社してからその仕組みを理解する。

生保の個人事業主。
営業成績に比例して成果報酬が出る。
つまり、頑張って結果が出るとその分が報われるが、そうでないと肩を叩かれる実力主義の世界。
毎日が勉強で、努力と実力が試される。
だから、一生懸命に仕事を頑張った。

その甲斐があり、やがて成績が上がってきて、この世界でやっていけるようになる。

入社して3年が経った2009年・秋、36歳になっていた。
例年の会社の健康診断に加えて、オプションで乳がん検診と子宮がん検診を受けた。

35歳になった時から、会社では生活習慣病の健診をするよう毎月のようにメールがくる。
だから、年に一度の健診でちょうど36歳になったので、年齢の節目を意識して受診した。

次のページを読む >> 第2話「乳がん検診と子宮がん検診」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。