【ストーリー】森山宏則さん 肺腺がん(肺がん) ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肺腺がん ステージ4 サバイバー 森山宏則さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】森山宏則さん 肺腺がん(肺がん) ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「肺に陰影」
  3. 第2話「半年というキーワード」
  4. 第3話「命と向き合うつらい日々」
  5. 第4話「胸腔鏡手術」
  6. 第5話「経過観察にて」
  7. 第6話「再発」
  8. 第7話「肺腺がんの転移、ステージ4」
  9. 第8話「長期休暇、長い治療へ」
  10. 第9話「自分と向き合い、死を覚悟して」
  11. 第10話「運命を受け入れて前向きに」
  12. 第11話「がんの影が縮小」
  13. 第12話「肺がん発症から8年目」

第2話「半年というキーワード」

2010年8月、健康診断で肺に陰影があるとして要・再検査となった宮城県仙台市在住の森山宏則さん(45歳、2010年当時38歳)は、翌月、大丈夫、問題なしを確認するために仙台市内のクリニックでCT画像検査を受けた。

森山さんが椅子に座るとその男性医師は淡々と事実を説明しだした。
遠まわしに言うのではなくズバズバ伝える。
「右の肺に明らかに何かあります。すぐに(専門医を)紹介しますから詳しい検査を受けてください」
“がん”という言葉も“腫瘍”という表現も使っていない。
しかし「がん」を前提とした言い方で終始説明していた。

そして最後にこう付け加える。
「絶対に、すぐに(紹介先の病院に)行ってくださいね。半年も放っておけないですよ」

半年も放っておけない…。

まだ肺がんについてよく知らないから、この時「俺は半年で死ぬんだ…」そう思った。

素直で真面目な森山さんは、その言葉をまるで余命宣告のように受け入れてしまった。

診察を終えて会計を待つまでの間、無性に喉が渇いた。
病院のロビーにある自動販売機でペットボトルの水を買い一気に飲み干し、気持ちを落ち着かせようとしていた。
何一つ自分の中で整理できていない。
余裕がなかった。

地下鉄に乗り自宅に帰る電車の中、胸はざわついていた。
向かいの席に年老いたおじいちゃんが座っている。
一方、自分はまだ38歳。

「このおじいちゃんよりも先に死ぬのか…」

やるせない無力感と同時に運命に対する強い憤(いきどお)りを感じだす。
ともかく頭の中が混乱して「死」から離れることができないのだ。
まだ、肺がんについてよく知らないし、治療についてもわからない。

森山さんがわかっているのは医師が言った「半年」という時間だけだった。

次のページを読む >> 第3話「命と向き合うつらい日々」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。