【ストーリー】森山宏則さん 肺腺がん(肺がん) ステージ4 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肺腺がん ステージ4 サバイバー 森山宏則さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】森山宏則さん 肺腺がん(肺がん) ステージ4 サバイバー
  2. 第1話「肺に陰影」
  3. 第2話「半年というキーワード」
  4. 第3話「命と向き合うつらい日々」
  5. 第4話「胸腔鏡手術」
  6. 第5話「経過観察にて」
  7. 第6話「再発」
  8. 第7話「肺腺がんの転移、ステージ4」
  9. 第8話「長期休暇、長い治療へ」
  10. 第9話「自分と向き合い、死を覚悟して」
  11. 第10話「運命を受け入れて前向きに」
  12. 第11話「がんの影が縮小」
  13. 第12話「肺がん発症から8年目」

第11話「がんの影が縮小」

2012年4月、肺腺がん(肺がん)の再発を告げられた宮城県仙台市在住の森山宏則さん(45歳、2012年当時40歳)は、その後の生検の結果、肺腺がん(ステージ4)、ALKと判明し、新薬ザーコリを服用する治療が始まっていた。

森山さんは「壮絶な闘病」とか「がんを克服する戦い」とかいうのが好きじゃなかった。
がんを発症したタレントが「がんを乗り越えて必ず戻ってきます」というような記者会見するのを見かけるが自分には向かないと感じた。

ともかく「力(りき)む」のが嫌なのだ。
強がったり、無理をするのも嫌だ。
だからまず「死」を受け入れて自分の出発点を「死」という、どん底にした。
そこから少しでも上がっていけるのであればそれは嬉しい。そう考えていた。
人に会うたびに「僕、間もなく死にますから…」と自虐的に告げる。
そうするとみんな「えー、肺がん。でも元気そうだけどなあ」と返す。
それが嬉しいし、自ら死を公言することでとても気が楽になった。

2012年10月経過観察で病院を訪れたとき驚いた。
治療前に高い値を示していた腫瘍マーカーCEAが、肺がん再発前の値よりも下がっているのだ。
更にCT画像検査の結果、転移した3ヵ所(右肺門リンパ節、左肺、右胸壁)とも、がんの影が縮小していると言う。

主治医からは「(がんの影は)ほとんど判然としなくなっていますよ」そんなことまで言われた。
嬉しかった。本当にうれしかった。

嬉しいけど喜んで次回、期待を裏切られるのが怖いから「小喜び」に抑える。
一方、島根県の母親は“大喜び”だった。
明らかにザーコリが効いているのだから。
しかも副作用が少なく1ヶ月に1度ちょっとした嘔吐があるのと、週に1度の下痢程度だった。

ただ自分の病気に完治はないだろうとわかっている。
治るものではなく長く付き合うもの。
その付き合い方がわかりだした。

そしてこの年の10月、もとの職場に復職。
4カ月間も職場を離れていたので学生たちが自分を受け入れてくれるのか不安だったが、教室に入るとクラスの全員が大きな拍手で森山さんを迎え入れてくれた。
その光景を見て嬉しかった。

次のページを読む >> 第12話「肺がん発症から8年目」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。