【ストーリー】小西麻子さん 甲状腺がん 濾胞癌 乳頭癌 肺転移ステージ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

甲状腺がん 濾胞癌 乳頭癌 肺転移ステージⅡサバイバー 小西さんのがんに関するストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】小西麻子さん 甲状腺がん 濾胞癌 乳頭癌 肺転移ステージ2
  2. 第1話「妊娠中の副鼻腔炎」
  3. 第2話「甲状腺の腫れの意味」
  4. 第3話「母として、妊婦として、システムエンジニアとして」
  5. 第4話「出産間近で始められない治療」
  6. 第5話「3人の育児と多忙な日々と手術」
  7. 第6話「切除組織の病理検査結果と転移の可能性。」
  8. 第7話「甲状腺の全摘手術へ」
  9. 第8話「肺への転移と3回目の手術」
  10. 第9話「放射性ヨウ素内用療法。隔離された病室」
  11. 第10話「長く続いた治療から日常へ」

第1話「妊娠中の副鼻腔炎」

「たこ焼き食べれんて、大阪人としてゆるされるんか…?」
担当医に昆布だしが入っている食べ物はしばらく全て摂食禁止と言われたが、明るく笑い飛ばした。

2014年6月中旬、会社の健康診断を受けた大阪府豊中市在住の小西麻子さん(36歳、2014年当時33歳)は、このとき元気だった。
当然、検査結果のレポートも問題なしと報告される。
しかし1週間ほど経ってひどい鼻水になった。
熱も38度台まで上昇。
たまらず近所の耳鼻科クリニックに行き診てもらった。
結果は「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」。
そして弱い抗生剤を処方される。
これには理由があった。
当時、小西さんは3人目の赤ちゃんの妊娠7ヶ月目だった。
上の子は5歳、真ん中の子が1歳の保育園児。
二人とも女の子だ。
三人目がお腹の中にいるときに鼻水と発熱で体調を崩していたので強い薬にはしなかった。

しかし処方された弱い抗生剤を服用しても一向に良くならない。
だから7月7日に箕面市立病院の一般内科で診てもらった。
通っていた産婦人科がある病院だし、これまでのカルテがあるから安心だ。
この日も熱は38.7度まで上昇し、鼻水、頭痛もひどかった。

内科の医師は小西さんの首のあたりを触診してこう言う。
「首の右側が腫れていますから、耳鼻科に行って診てもらってきてください」
なんだ、また耳鼻科か…たらい回しみたいだ。

行くと耳鼻科の医師も同じように首のまわりを触り「甲状腺が腫れています」そう言う。
さっそく採血が行われ、腫瘍マーカーの一つFT4を測定した。その結果、
「甲状腺機能は正常です」
その言葉にちょっと安心するが「なんかえらいことになってきたなぁ。副鼻腔炎ってことだったのに…」
徐々に不安が膨らみだした頃だった。

次のページを読む >> 第2話「甲状腺の腫れの意味」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。