【ストーリー】中川美和さん 大腸がん(S状結腸がん)ステージ4

    大腸がん(S状結腸がん)ステージ4サバイバー 中川さんのがんに関するストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】中川美和さん 大腸がん(S状結腸がん)ステージ4
    2. 第1話「なぜだか解らない毎日の疲れ」
    3. 第2話「これはがんです」
    4. 第3話「矛盾した2つの思い」
    5. 第4話「ICUと人工肛門(ストーマ)」
    6. 第5話「あわただしく過ぎていく毎日」
    7. 第6話「肝臓へのがん転移」
    8. 第7話「自宅療養から再度のがん転移」
    9. 第8話「幸せをかみしめる日々」

    第8話「幸せをかみしめる日々」

    大腸がんの腹腔鏡手術から始まり、腹膜炎の手術、抗がん剤治療、その後 2度に及ぶ肝臓の手術を経て、再び抗がん剤治療に入った東京都目黒区の中川美和(仮名57歳、2007年当時48歳)さんは治療を続けながらも職場に復帰していた。

    2009年10月から始まった「UFT UZEL」薬の服薬治療は、2012年2月に終えた。
    がんの発見が2007年9月。
    既に4年半という長い年月が経っていた。

    2014年には、ついに胸の上に埋め込まれたCVポートが取り外される。
    何かあったら直ぐに治療薬を入れられるようにと設けられていたCVポート。
    それはもう必要ないとの判断だった。

    取り外された時、本当に晴れ晴れとした嬉しい気持ちになったのを覚えている。

    ここまで本当に頑張った。この日を待っていた。

    大腸がんという病気になり、とても大切なことがわかった。
    自分は、多くの人たちによって支えられて生きている。
    友人たち、お医者さん、会社の人たち、そして家族。

    周囲の人たちは、中川さんが、がん克服というすごいことを成し遂げたこと知っている。

    いま昔のように、毎日 仕事のことで悩んだり、普段の業務に不満をこぼすようになっている。
    フランス人の在日代表者の秘書として精力的に働く日々に戻ったのだ。

    働きすぎは身体によくないと反省しつつも残業を頑張ってしまうこともある。
    でも、これも元気になった証拠だと言われると心から嬉しくなる。

    元気になったいま、これまで心配ばかりかけてきた母親への親孝行ができていると思っている。
    幸せをかみしめる日々だ。

    取材:大久保淳一

    >>中川美和さんのインタビューを読む

    >>中川美和さんのがん経済記事を読む

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-