【ストーリー】中川美和さん 大腸がん(S状結腸がん)ステージ4

    大腸がん(S状結腸がん)ステージ4サバイバー 中川さんのがんに関するストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】中川美和さん 大腸がん(S状結腸がん)ステージ4
    2. 第1話「なぜだか解らない毎日の疲れ」
    3. 第2話「これはがんです」
    4. 第3話「矛盾した2つの思い」
    5. 第4話「ICUと人工肛門(ストーマ)」
    6. 第5話「あわただしく過ぎていく毎日」
    7. 第6話「肝臓へのがん転移」
    8. 第7話「自宅療養から再度のがん転移」
    9. 第8話「幸せをかみしめる日々」

    第5話「あわただしく過ぎていく毎日」

    大腸がんの手術のあと、腹膜炎を発症し緊急で手術を受けた東京都目黒区の中川美和(仮名57歳、2007年当時48歳)さんは、横腹に作られた人工肛門(ストーマ)に衝撃を受けていた。

    腹膜炎の緊急手術を受けてから19日後、中川さんは退院する。
    振り返ると、ここまで治療についていくのに必死だった。
    自宅に戻り安心したのも束の間、5日後に再びお腹が痛み出し再入院する。
    それからは絶飲と絶食の入院生活。この頃とてもやせ細ってしまった。

    行われたCTレントゲン検査、MRI検査、そしてPET検査。
    すべての検査を終えた後、担当医が病室に入ってきた。
    何となく これまでと違う雰囲気が漂う。
    大腸の治療方針を聞けるものと想像していたが、医師から発せられたその言葉に自分を見失いそうになった。

    「中川さん、肝臓に影が見つかりました。(大腸がんの)肝転移の可能性があります。これから、肝臓の医師が来るので話を聞いてください」

    大腸がんの肝臓転移……。

    転移の告知は、最初のがんの告知とは比べ物にならない程つらい。
    手術で“がん”を取ってしまえば大丈夫と思っていたのに、どんどん状況が悪くなっていく。

    腹膜炎の外科手術でできた縦に長いお腹のキズ、
    取り付けられた人工肛門、
    そして、肝臓への転移。

    こんなに大変な状況なのに不思議と泣けなかった。
    なぜなら自分のために精一杯のサポートをしてくれている家族や友人たちをこれ以上悲しませたくなかったからだ。

    そんな厳しい状況の中、中川さんの心はさらに追いつめられる。
    肝臓の手術の前に3ヶ月間、抗がん剤治療を行うというのだ。

    あわただしく過ぎていく毎日。

    そして、これから抗がん剤治療が始まり自分の髪の毛がなくなっていく。
    恐ろしくてたまらなかった。

    次のページを読む >> 第6話「肝臓へのがん転移」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-