【がん経済】中咽頭がん ステージ4 本園泰さん(治療費 保険、他)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中咽頭がん ステージ4の治療にかかった費用と保険等でカバーされた金額の記事です。

基本情報

名前: 本園泰さん >>5yearsプロフィール
年代: 60代、男性
病名: 中咽頭がん
病理: 扁平上皮癌、HPV
進行: ステージ4
発症年月: 2015年11月
発生時年齢: 57歳
受けた治療: IMRT(放射線化学療法)、外科手術、同時再建、リンパ節郭清術   
治療期間: 2016年3月~2016年8月
合併症: 
職業:  会社経営 
生命保険会社: 富士生命保険、福岡県民共済、国民共済、富士火災保険

がん治療にかかった費用と保険、手当、助成金等でカバーされた金額

治療費:約500万円

個室代:約70万円

私の場合、治療はすべて標準治療でしたが、リラックスして安心して入院したかったので個室を選びました。その際の差額ベッド代金が結構かかりました。
生命保険で先進医療特約も入っていましたが、主治医と相談したところ、その治療は私の場合向かないと説明され受けなかったです。

保険給付金等:合計688万円

保険代理店の友人ががん保険には入っていた方がいいよと言ってくれたので付き合いで5年前に加入しました。
結果的にその保険金がおりたので、お付き合いで加入していましたが、今では良かったと感じています。

加入されていた生命保険会社と保険内容

富士生命がん保険 352万円 (手術特約含む)
富士火災 120万円
県民共済 140万円(手術特約含む)
国民共済 76万円
取材:大久保淳一

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。