【ストーリー】日暮弓美さん 乳がん ステージ3(浸潤がん、硬がん、)、卵巣がんステージ1(粘液性)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がん(浸潤がん、硬がん)ステージ3c、卵巣がん(粘液性)ステージ1c3 サバイバー日暮さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】日暮弓美さん 乳がん ステージ3(浸潤がん、硬がん、)、卵巣がんステージ1(粘液性)
  2. 第1話「ダブルキャンサーのはじまり」
  3. 第2話「胸のくぼみの超音波検査と細胞診」
  4. 第3話「乳腺外科での診察とがんの告知」
  5. 第4話「検査の終了と臨床試験の勧め」
  6. 第5話「薬量を増やす臨床研究の開始」
  7. 第6話「腫瘍の一部消失。外科手術へ」
  8. 第7話「予防も兼ねた術後治療」
  9. 第8話「経過観察のたびに上がる腫瘍マーカー」
  10. 第9話「がん研有明病院の婦人科へ」
  11. 第10話「疑われる乳がんの卵巣転移」
  12. 第11話「術中迅速病理診断。原発の卵巣がん。」
  13. 第12話「受け入れがたい現実」
  14. 第13話「卵巣がん・リンパ節郭清の6時間にわたる手術」
  15. 第14話「ダブルキャンサーを乗り越えて」

第2話「胸のくぼみの超音波検査と細胞診」

2007年10月お風呂から出た時に左胸のくぼみを見つけた埼玉県飯能市在住の日暮弓美さん(51歳、2007年当時42歳)は直感的に変だと気づいたが、当時担当していた小学校の行事をやり遂げるため発見から3週間たった後に飯能中央病院に行った。

2007年11月中旬、日暮さんは外科の待合室にいた。
名前を呼ばれて診察室に入ると初老の男性で非常勤の医師がいた。
状況を説明すると触診が行われこう言われる。
「胸の炎症かなんかじゃないかな…」

ただ念のため詳しい超音波検査を行いたいが、その日は検査機器が空いていないということで後日に検査となる。

それから数日後、再び病院に行ったが今度は別の男性医師が担当だった。
日暮さんは薄暗い部屋に通され胸の超音波検査を受けた。
さらに細胞診と組織診をすると言われる。

そこまで詳しく調べられるのであれば、もしかして重い病気なのかなと思い聞いてみた。
「先生、私はがんなんですか?」

その質問に直接的には答えず医師はこう返した。
「医者は悪い方に考えるのが仕事だから」

何ともはっきりしない答えだった。

検査室に移るとまず細胞診を行うとして注射器の針で患部を刺して中の組織を吸い取られた。
ただ毎年のインフルエンザ予防接種の注射ほどは痛くなかった。

「炎症だったら膿(うみ)が出るはずなんだけどね。膿は出ないよね」医師がそうこぼした。

続いて組織診。
胸のくぼんだとことに針を刺して数回パチン、パチンとやった。
「細胞診の結果は1週間後に解るので来週また病院に来てください。組織診の結果は2週間後です」

自宅に戻り夫には検査を受けてきたとだけ伝えた。
次回の病院まで検査結果は解らない。その1週間、日暮さんは心ここにあらずの状態が続いた。
スーパーで買い物をしてレジにいくと「なんでこんなものがかごに入っているの?」という状態だった。
当時インターネット上にわずかにあった乳がん関係の掲示板を見て一生懸命に情報を集めていた。

次のページを読む >> 第3話「乳腺外科での診察とがんの告知」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。