【ストーリー】野崎美穂さん 悪性リンパ腫 ステージ2 サバイバー

    びまん性大細胞型B細胞悪性リンパ腫 ステージ2 サバイバー 野崎美穂さんのストーリーです。

    このストーリーの目次

    1. 【ストーリー】野崎美穂さん 悪性リンパ腫 ステージ2 サバイバー
    2. 第1話「ビジネスの場で活躍したくて」
    3. 第2話「精神疾患の兆候」
    4. 第3話「体調の変化」
    5. 第4話「左腕の異変」
    6. 第5話「リンパ腫の可能性」
    7. 第6話「胸の縦隔に腫瘍」
    8. 第7話「悪性リンパ腫の確定診断」
    9. 第8話「がんセンター中央病院・血液腫瘍科へ」
    10. 第9話「抗がん剤治療(R-CODOX-M/R-IVAC療法)」
    11. 第10話「抗がん剤の副作用」
    12. 第11話「続く抗がん剤治療」
    13. 第12話「治療終了。寛解~復職へ」
    14. 第13話「再び活躍の場へ」

    第7話「悪性リンパ腫の確定診断」

    2015年9月20日に内科クリニックを受診したところ、リンパ腫の疑いを告げられた東京都練馬区在住の野崎美穂さん(43歳、2015年当時40歳)は、9月24日に東京警察病院に行き呼吸器内科で胸腺腫と告げられた。

    東京警察病院・呼吸器内科の女性医師から「がんセンターを紹介する」と言われ心が重くなる。
    今後は首もと(鎖骨の上付近)にメスを入れて組織を取り出す「生検」を行うという。
    その生検は、4日後の9月28日に予定された。

    この日帰宅して、夫に伝えた。
    静かに「しょうがないよね…」という夫。
    心の中の感情を我慢して抑えているようだった。

    一方で、病院の結果を気にかけている心配性の母親にもきちんと報告した。
    なるべく不安がらせないように気を付けて伝えた。

    それから病気についてインターネットで調べるが、1ヶ月くらいで仕事に復帰している人の例がある。
    「(胸腺腫に)なってしまったものは仕方がない」
    そう割り切った。

    2015年9月28日、東京警察病院。
    午前中会社で仕事をし、午後から病院に行った。
    手術着に着替え、点滴をして、オペ室に向かう。
    一気に病人モードになっていた。
    生検は1時間ほどかかった。抜糸は1週間後だという。

    胸腺腫についてインターネットで調べに調べた。
    腹腔鏡による手術、痛そうな情報…、いろいろ出てくる。

    一方、会社にも病気のことを伝えておいた。
    驚いて「(胸腺腫なんて)聞いたことがない病気だね」そう返される。

    そして生検から15日後の10月13日、夫と二人で東京警察病院に結果を聞きに行った。
    診察室に入ると、ストレートに言われる。
    「この前は胸腺腫と言いましたが、生検の結果、悪性リンパ腫でした」
    “悪性リンパ腫…”、当初、恐れていた病名。
    隣りに座っている夫は、ショックを受け、言葉を失っていた。

    次のページを読む >> 第8話「がんセンター中央病院・血液腫瘍科へ」

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-