【ストーリー】松下裕子さん 乳がん ステージ2 サバイバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

乳がん ステージ2B(トリプルネガティブ) サバイバー 松下裕子さんのストーリーです。

このストーリーの目次

  1. 【ストーリー】松下裕子さん 乳がん ステージ2 サバイバー
  2. 第1話「体調の異変」
  3. 第2話「手術とその後の生活」
  4. 第3話「右胸のしこり」
  5. 第4話「乳がん ステージ2B トリプルネガティブ」
  6. 第5話「抗がん剤治療の開始」
  7. 第6話「抗がん剤(FEC)の副作用と効果」
  8. 第7話「抗がん剤(パクリタキセル)治療」
  9. 第8話「乳房温存型の部分摘出手術」
  10. 第9話「治療の終了とがん再発への不安」
  11. 第10話「明るい光のさすほうへ」

第4話「乳がん ステージ2B トリプルネガティブ」

2010年10月、仕事中にかゆみから右胸を触ってみたら3㎝くらいのゴリッとしたものに触れた神奈川県足柄郡在住の松下裕子さん(50歳、2010年当時43歳)は、国際医療福祉大学熱海病院を受診し乳がんを告げられた。

この日、生検を終えると、病理検査の結果は1週間後に伝えられると言われた。
一方、それまでの間、CT画像検査と骨シンチグラフィー検査を行うという。
検査と治療の予定だらけ、今後はお金がかかるし、パートを休むことになるから生活費は大変だ。
夫に申し訳なかった。

自分には、子宮がない、胸もなくなるなんて…、女性として情けない。
仕事中の夫にメールと電話で、乳がんの事実を伝え、謝った。
先に帰宅し、夫の帰りを待ってこう伝えた。
「また心配させちゃうし、(お金のことも)負担をかけてしまうから、(私と)離婚してください」

ご主人は、切なそうな顔で聞いていて、こう返した。
「そんなこと言うなよ、いっしょにがんばろう。離婚なんて絶対にない。いつもそばにいるからさ」

一方、実家の母親にも携帯メールで乳がんを伝えてあった。
すると自宅に電話がかかってきた。
「大丈夫だから。すぐにウィッグを買いに行こう」
75歳の母親の言葉は、とても心強かった。
10年前に夫(=松下さんの父親)を前立腺がんで亡くし、そのうえ娘まで乳がんとなればさぞかしつらかったろう。
それでも、気丈にふるまい娘を励ました。

それからの1週間、通常通りスーパーで仕事をしていた。
当時の上司にがんのことを伝えると、「早目に見つかって良かったなあ。あきらめんなよ」と声をかけられ安心した。
2010年11月26日、国際医療福祉大学熱海病院・乳腺外科
主治医から結果を伝えられる。

「よかったです。骨や脳・肺には転移していませんでした。ただ、右側のわきの下に炎症があり、腫瘍の大きさが直径3cmと大きいです。ステージ2B、トリプルネガティブとなります。松下さんのがんはホルモン剤が効かないタイプで、抗がん剤治療になります。逆に言うと、薬が効きやすいタイプのがんです。先ずは、抗がん剤治療から始めて半年後に手術をしましょう」

いよいよ、治療が始まる。

次のページを読む >> 第5話「抗がん剤治療の開始」

この記事の著者

(5yearsプロフィール)

日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
>>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
>>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



-Sponsored-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。