【がん経済】直腸がん ステージ4 安谷恵美子さん(治療費 保険、他)

    直腸がん 再発 肝転移 ステージ4の治療にかかったお金と保険などでカバーされた金額に関する記事です。

    基本情報

    名前: 安谷恵美子さん >>5yearsプロフィール
    年代: 50代、女性
    病名: 直腸がん 再発
    進行: ステージIV期 直腸がん、直腸がんの肝転移
    発症: 2014年 4月(49歳)
    治療: 外科手術、抗がん剤治療(5FU, FORFIRI)
    期間: 2014年4月~ 現在
    合併症:膀胱機能低下
    職業: パート
    生命保険: メットライフ生命、がん保険

    がん治療にかかった費用と保険、手当、助成金等でカバーされた金額

    ・治療費:    103万円
    ・保険等給付金: 263万円
    ・加入している生命保険: メットライフ生命、がん保険、県民共済

    詳細情報

    がん治療にかかった費用と保険金給付は2014年から、2015年までの分です。
    再発後の入院費と保険金給付は含まれません。
    <入院費用>
    2014年4月、12万円
    2014年5月~6月、8万円(個室使用料
    2日間で12960円それ以外は大部屋)
    2014年8月、11万円
    2014年11月~12月、15万円

    <抗がん剤>
    フォルフィリ12クール(アバスチン1回含む)、8カ月で24万円。
    通院、検査代10万円。

    <人工肛門>
    ストーマ装具代、6100円×8カ月=48800円
    ストーマ関連用品15600円

    <脱毛対策>
    ウイッグ7万円
    帽子等2万円

    <メットライフ生命保険給付>
    2014年4月分、115万円。(入院給付27万円。診断給付50万円。手術給付35万円。退院給付3万円。)
    2014年5月~6月分、入院給付16万5千円
    2014年8月分、54万円。(入院給付24万円。手術給付30万円。)
    2014年11月~12月分、38万円(入院給付18万円。手術給付20万円)

    入院日額1万5千円。

    2014年4月~2015年1月までの通院給付、16万8千円(日額8千円)

    <県民共済入院給付>
    日額4千円
    2014年4月~12月までの入院57日で、
    22万8千円。

    がん保険はがん発覚の2年前に加入したばかりでした。
    病気になると思いもせず、掛金は5千円弱で、保険の保険みたいな気持ちで加入していました。お陰で、長い間の治療も安心して受けることができました。

    >>安谷恵美子さんのストーリー(がん闘病記)を読む

    >>安谷恵美子さんのインタビューを読む

    取材:大久保淳一

    この記事の著者

    (5yearsプロフィール)

    日本最大級のがん患者支援団体 NPO法人5years理事長、本サイト(ミリオンズライフ)の編集人。
    2007年、最終ステージの精巣がんを発病。生存率20%といわれる中、奇跡的に一命をとりとめ社会に復帰。自身の経験から当時欲しかった仕組みをつくりたいとして、2014年に退職し、2015年よりがん経験者・家族のためのコミュニティサイト5years.orgを運営。2016年より本サイトを運営。
    現在はNPO法人5years理事長としてがん患者、がん患者家族支援の活動の他、執筆、講演業、複数企業での非常勤顧問・監査役、出身である長野県茅野市の「縄文ふるさと大使」として活動中。
    >>新聞、雑誌、TV等での掲載についてはパブリシティを参照ください。
    >>NPO法人5yearsの組織概要はこちら



    -Sponsored-